「俺のキンタマ蹴ってくれ!?」フリーのグラドルを狙う、アヤシイお仕事

「俺のキンタマ蹴ってくれ!?」フリーのグラドルを狙う、アヤシイお仕事

 最近、たま~に街で声をかけてもらえるようになった吉沢さりぃです。でもなぜか、歌舞伎町や繁華街限定。うれしいけど、なんでなんでしょうか?(笑)



 とはいっても、まだまだ無名な私は、初めて行く美容院やネイルサロンで「お仕事なんですかぁ~?」なんて甲高い声でお決まりの質問をされると挙動不審になります。フリーのグラビアアイドルで、フリーのライターで、バイトもしている……これって、フリーター?



 最近はフリーのグラドルやアイドルが増えていますが、まだまだ周りの他業種の方には「フリーで活動してるの!?」「どうやって仕事を取るワケ?」と不思議そうな顔で聞かれます。やっぱり売れていようが、売れてなかろうが、芸能人は事務所に入って、マネージャーがついてるイメージがあるのでしょう。



 実際にフリーの子がどうやって仕事をもらうかというと、おおむねみんなTwitterやブログにメールアドレスを載せているので、新規の仕事はそこから連絡が来るケースがほとんどです。また、フリーのグラドル同士で案件を振り合ったり、もともと事務所に所属していた子はそこから仕事をもらえる場合もあります。メールで頂く新規案件は、だいたいはまともな案件なのですが、過去には忘れられない謎オファーもありました。



 一番インパクトがあったのは、「金蹴りをしたら、ギャラを払います」というもの(笑)。金って、男性にしかついてない2つのアレです。まず、メールを何度も見返しました。だいたいの方は挨拶、社名、名前、仕事の内容、希望日等を記載されています。ですが、この金蹴り案件はそれらの記載がまったくなくて、とにかく「ギャラは払うので、日程を決めて金蹴りをしてくれ!」というもの。



 私は基本的に金蹴りはNGですが、例えばテレビに出られるとか、雑誌の企画とかであれば検討しようと思いました。ところが、まったく個人的なお仕事依頼。いやいや、風俗のオプションじゃないんだから……。ただ苦笑いしながらこの話を数人のグラドルに話すと、同じく依頼を受けた子が何人かいました。数打てば当たる方式なんでしょうか? 万が一、受けた子がいれば話は聞きたいです。



 ライターとしても活動していくのであれば、なんでもネタ探しだと思って仕事を引き受けるぐらいじゃないとダメですね! というわけで、まだまだ変わったお仕事の案件も、もちろん優良なお仕事の案件もお待ちしております。2017年も、地下5階在住底辺グラドルをよろしくお願いいたします!



●よしざわ・さりぃ

バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネジャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。