オトナ女子なら一手間プラス♡ペールメイクで「美人度」をUPするためには?

オトナ女子なら一手間プラス♡ペールメイクで「美人度」をUPするためには?今年の春から流行が始まっている「ペールメイク」。柔らかいカラーリングとふんわりした印象はまさに女性らしい雰囲気抜群の素敵なメイクカラーとなっています。
しかし、実際メイクしてみると「あれ?」と感じた方も多いのではないのでしょうか。実は薄いカラーリングのメイクにもデメリットは存在します。それを知らずに使ってしまうと、違和感を感じて「こんなはずじゃなかった・・・」となってしまうのです。
そこで、今回はトレンドのペールメイクをオフィスでも愛用できる「オトナ女子」ならではの工夫とテクニック、オススメアイテムもご紹介していきます。最後まで是非ご一読下さいね。

流行のペールメイクは「ぼんやり顔」になってしまう?!




 



1.やってみたけど、思ったより高難易度だと感じる・・・



 





出典:jp.pinterest.com



 




「まぶたにパステルピンクのシャドウを入れたら、目が腫れていると勘違いされた」(29歳)、「色黒なので、美容部員さんにメイクしてもらっても、きれいに発色しない」(31歳)、「実際にやってみたが、年齢的に厳しかった。若い人にしか似合わないと思う」(46歳)




出典:president.jp



 



流行のパステルカラー・ペールカラーを始めとする柔らかいカラーリングは、実はかなり使い勝手が難しいカラーリングと、多くの女性が感じているようです。



それもそのはず、元々日本人の肌色は少しイエローが入った肌質。そのため、薄い色だと透明感どころか、逆にくすんで見える可能性が出てくるのです。



 



全体的にペールカラーだけで統一してしまうと、肌色とマッチングしないで、何となく違和感のある、垢抜けないメイクに。



ペールカラーでメイクをするなら、ちょっとした「工夫」が必要となってくるようですね。



 



 



2.美人顔というより「若作り」?!流行に乗ってがっかり



 





出典:jp.pinterest.com



 




「似合う人が限られる」(46%)、「若づくりに見える」(44%)、「幼い・子供っぽい印象になる」(34%)、「表情がぼやけてみえる」(26%)




出典:president.jp



 



薄い色味は、どちらかというと肌の透明感やツヤ感を重視するアイテム。そのため、肌のトラブルや肌荒れがあると、その部分が強調されるメイクになってしまいます。



また、年齢が上がれば上がるほど淡い色は「イメージから外れる」となり、周囲からも「無理して若作りしている」との評価が出てしまうようです。



 



優しい色、柔らかい色、薄いカラーリングはまだまだ10代、20代前半のような女の子が好んで使うイメージが抜けていないため、オフィスでペールメイクをしていくと「?」となってしまい、気まずい雰囲気に。



メイクはオフィスでも「身だしなみ」の1つとして評価されますので、流行を愛用しながら周囲にも素敵と思われる事が必要となってきます。



 



「ぼんやり顔」から「愛され春フェイス」へ♡ポイント3




 



1.しっかり「メリハリ」!アイライナーを活用する



 





出典:jp.pinterest.com



 



ペールメイクでふんわり感を出すだけで終わると「ぼんやり顔」になってしまいます。



そこで、アイライナーを最大限活用していきましょう。普段のメイクだと太くて濃いラインは敬遠されるかもしれませんが、ここは意識して太め・濃いめがオススメです。



 



ふんわりしたアイシャドウだからこそ、しっかりしたアイライナーが引き締めとメリハリの役割を果たしてくれます。「メリハリ」とは「強弱をハッキリさせ、バランスを取る事」。



ふんわりさせた部分には、必ず引き締める強い要素を加えてみましょう。一気に印象が柔らかいながらも「凛」とした雰囲気を演出してくれます。



 



 



2.がっつり「立体感」!マスカラでボリューム感UP



 



 





出典:jp.pinterest.com



 



メイクでの「立体感」は難しいながらも重要な部分です。顔の輪郭や凹凸部分の差をつけると、顔全体が引き締まって見え、小顔効果も抜群。



 



そこで、もう一つのメリハリ要素として「マスカラ」をしっかり乗せていきましょう。マスカラはメイクの中で唯一、意図的に立体感をつけられる部分。もう一つのメリハリポイントとして活用できます。



 



いつもより長めに、多めに塗っていきましょう。カラーリングはできるだけ「髪の色」に合わせる事も意識すると、多めに使っても違和感がなくなります。必ずブラックでなければならない、という事ではありません。最も色の面積が大きいヘアカラーに合わせるのは、浮かないメイクの基本中の基本。



メリハリ+立体感で、ふんわりアイメイクを適度に引き締めてみて下さい。



 



 



3.ワンポイントに「くすみリップ」!上品なオトナ女子へ



 



 





出典:jp.pinterest.com



 



ペールメイクはナチュラルメイクに分類される事が多いため、リップもベージュやピンク等、唇の色に合わせた自然な色が勧められていますが、これも「ぼんやり顔」や「若作り」の原因。



 



可愛らしい印象のペールメイクだからこそ、リップはちょっとくすんだローズピンクやレッドを使ってみましょう。透明感やツヤ感重視のリップなら肌とのコントラストもコントロールできて悪目立ち防止にも繋がります。



 



やはり、「可愛い」だけじゃちょっと足りない。オフィスなら「上品さ」と「ワンランク上のオトナ女子」を目指していきたいですね☆



ペールメイクと一緒に、ご自身に似合う「くすみリップ」も、この機会に是非探してみると鉄板の組み合わせとして長く愛用できますよ♡



 



ペールアイテムと組み合わせて!追加したいオススメアイテム




 



【ルナソル】インテレクチュアルリクイドアイライナーN



 





出典:www.cosme.net



 



筆ペンタイプのリキッドアイライナー。使い慣れるまでは難しい印象がありますが、一度コツを覚えてしまえばアイライナーの太さを自在に操れるペールメイク必携アイテム。



 



目尻を跳ね上げたり、軽く下げたりするのもお手の物。色滲みもなく、しっかりと発色してくれるので引き締め役にはピッタリです。ブラックの01か、オリーブグリーンのような濃いグリーンカラーの02がいいでしょう。どちらも目元をハッキリと強調してくれます。



 



 



【マキアージュ】ドラマティックルージュ



 





出典:www.cosme.net



 



リップでも定評のあるマキアージュ。2017年春のキャッチフレーズは「春×あえてのくすみ色」。ペールメイクが流行しているからこそ、オトナ女子の部分を強調しようという素敵なコンセプトで設計されたリップは、まさに「絶妙な」くすみ色。肌浮きせず、柔らかいカラーメイクにも馴染むように計算され尽くしたレッドカラーは、一目惚れ間違い無しの秀逸作となっています。



発売日は連休明けの3月21日。直前チェックを忘れずに♪



 



 



いかがでしたでしょうか?



流行を追うだけでは上手くいかないのがファッションやメイク。自分に似合うようにカスタマイズしていく事が重要となってきます。



是非参考にしていただき、ペールメイクを「オトナ女子風」に使いこなしてみて下さいね。