演歌歌手・伍代夏子の同級生は“ガンプラ”の超有名人!?

演歌歌手・伍代夏子の同級生は“ガンプラ”の超有名人!?

3月22日(水)夜7時から放送される「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)は、ゲストに芸能生活30周年、演歌界を代表する歌手・伍代夏子が登場する。


1961年、東京・代々木生まれの伍代は、渋谷区の小・中学校を卒業し、1987年に26歳で伍代夏子として歌手デビュー。昨年には芸能活動30周年を迎えた。


実家は鮮魚店で、朝早くから働く両親を見て、楽をしてもらいたいと歌手を目指すようになり、「3~4歳のころから演歌歌手になるものだと思っていた」という。


同級生は親の後を継いで地元で商売を続けている人が多いそうだが、卒業アルバムを見ながら、伍代が「会いたい」と名前を挙げたのは、中学校時代の同級生。


英語の発音がうまく、しかも声が低音のバリトンボイスの持ち主で、彼の声を聞くと居眠りするほど気持ち良かったという。他の同級生男子によると、「同級生で儲かっているのは、おまえ(伍代)とアイツしかいない」と言われるくらい成功している人物らしい。


いよいよ伍代は、中学卒業以来会っていなかったその同級生の男子とVTRでの再会を果たす。実はその同級生の男子は、伍代の想像を超えた有名人だったことが判明。スタジオのネプチューンも驚きの表情を見せる。


彼は多くのマニアがいるガンダムのプラモデル、“ガンプラ”の世界で活躍し、人気漫画にも登場するなど、プラモデル界では知らない人はいないほどのカリスマであることが分かった。中学卒業から39年、伍代も全く知らない“ガンプラの世界”で有名になっていた同級生。伍代が演歌歌手として成功してきた歩みに合わせて、プラモデルを愛し続けた彼のサクセスストーリーが紹介される。


さらに、彼は他の同級生の男子と伍代にまつわる意外なエピソードも出てくる。ある男子とデートした思い出も!? 


もう1人のゲストは、歌舞伎俳優にとどまらず、ミュージカルやバラエティー番組でも活躍する尾上松也。彼は卒業時に「互いに夢をかなえよう」と涙ながらに誓い合った中学時代の同級生と再会する。松也と交わした“男の約束”を忘れていなかった人物の登場に、松也の目にも涙が…。


仲が良かった学生時代と、それぞれに活躍しているゲストと同級生の今が交差するとき、意外な人生模様が垣間見えそうだ。