たった一回が命取り…「恋愛対象外になる女」会社での電話対応3つ

たった一回が命取り…「恋愛対象外になる女」会社での電話対応3つ

1:ガチャ切り


「なんにでもガサツな感じの女性は魅力を感じないですね。電話で話している話し方は上品なのに、最後に“ガチャン”と受話器を置くのを見ると、“残念だなぁ”って思います。


こういう女性って、家ではドアとか足で開けたり閉めたりしてそうですよね」(Tさん/29歳)


まずはガチャ切りについての意見でした。電話では相手に声だけで接するので話し方に注意がいってしまう人も多いと思いますが、最後にゆっくりと受話器を置くまで緊張感を保ったままにしてくださいね。


再確認ですが、電話は相手側が切ったのを確認してから切るのが基本的な礼儀です。



 


2:電話に向かって文句


「なんでかわかんないんですけど、電話を切ってから一人電話機に向かって文句を言ったり悪態をついたりする人いますよね。


それが女性だと“うわっ、不満溜まってるんだ”って思いますね。こういう女性を彼女にしたら、会えないときとか不満をたくさんぶつけられて面倒だろうな……って」(Iさん/30歳)


電話相手が仕事に関係ない話をしてきたり、クライアントが無理難題を言ってきたりすることもありますよね。でもそんなときでも、一人電話機に向かって「ふざけないでよ!」なんて悪態をつく残念な女性にはならないでくださいね。


そんな姿を見られた日には、いくら普段上品に振舞っていても「本心はこれかー」と男性陣に引かれてしまいます。


 


3:媚びた声


「電話だとワントーン高い声になる女性いるじゃないですか。あれが媚びてる感じがして苦手です。好きな男にはこういう声でしゃべるのかな?とか。


電話切ったあとに素の声に戻るの聞くと、そのギャップが怖くなります。裏表ありそうで」(Oさん/26歳)


電話って緊張して声が高くなってしまうという人もいますよね。でも、できれば普段どおり話した方が印象はいいようです。


好きな人の前では声が高くなってしまう女性と同じで、同性からのウケもあまりよくないようですよ。


 


電話でモテは狙えない?


過去記事「“仕事しろ!”仕事中もカワイイを狙う女子のモテ仕草…男子には不評」では、女性たちがモテを狙ったしぐさの一つに、“電話取りながらメモを取って後ろへ渡す仕草”というものがありました。


ですが、この記事で説明しているように男性からは不評です。今回も男性陣に電話対応に魅力を感じる場面について聞いてみたのですが、「特に思いつかない」との回答。


 


やはり仕事中にはモテのことは考えず、仕事に集中したほうが身のためのようですね。悪印象を与えない程度に振舞っていれば、その後魅力を発揮できる場所もあるはずです。