オーエン・ハート“カルガリーの天才児”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第313回(1999年編)

オーエン・ハート“カルガリーの天才児”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第313回(1999年編)


 なぞのマスクマン、ブルー・ブレーザーは天からリングに舞い降りてくるはずだった。



 “魔の一瞬”は第3試合開始の直前に起きた。ブルー&レッドのマスクに白いフェザー(羽)のマントを身にまとった人の影が観客の目のまえでいきなり空から降ってきて、コーナーポストの金具に激突し、そのまま動かなくなった(1999年5月23日、ミズーリ州カンザスシティー、ケンパー・アリーナ=PPV“オーバー・ジ・エッジ”)。



 セキュリティーがすぐにかけつけてリング上で人工呼吸などの応急処置をほどこしたが、すでに意識はなく、数分後に現場に到着した緊急医療チームがカンザスシティー市内のトゥルーマン・メモリアル病院に搬送したが、まもなく死亡が確認された。



 “ブルーの衣装”を身にまとったレスラーは、かつて“カルガリーの天才児”と呼ばれたオーエン・ハートだった。



 “天才”のあとに“児”がつけられたのは、オーエンが12人兄弟の末っ子だったからだ。



 カナダ・カルガリーの名門レスリング・ファミリー、ハート家は男8人と女4人の大家族。元WWE世界ヘビー級王者“ヒットマン”ブレット・ハート(六男)をはじめとする8人のブラザーたちはいずれもプロレスラーで、長女エリー(夫はジム・ナイドハート)はWWEのナタリアの母親、四女ダイアナは新日本プロレスで“鈴木軍”のメンバーとして活躍しているデイビーボーイ・スミス・ジュニアの母親である。



 “プロレス地理学”においてカルガリーと日本はひじょうにディープな関係にあった。オーエンがまた中学生だったころ、実家の地下道場“ダンジェン”で初めてプロのレスリングを教えてくれたのは、当時カルガリーに在住していたミスター・ヒト(安達勝治)とミスター・サクラダ(桜田一男=ケンドー・ナガサキ)のふたりの日本人レスラーだった。



 1980年代のカルガリーは日本人レスラーたちの“海外キャンプ地”で、ザ・コブラ(ジョージ高野)、サニー・トゥー・リバース(平田淳嗣=スーパー・ストロング・マシン)、ヒロ斉藤ら“昭和50年代世代”から獣神サンダー・ライガー、橋本真也、佐々木健介、馳浩、リッキー・フジら“昭和60年代世代”までが長期滞在した。



 若手時代のオーエンのライバルは、マスクマンのベトコン・エキスプレス1号(馳)。“カルガリーの天才児”というコピーが日本語の活字なったのもこの時代だった。



 オーエンの13年間の現役生活は、8歳年上の兄ブレットの背中を追いかけながらの“持久走”だったのだろう。WWEは、というよりもWWEのオーディエンスは長いあいだヒットマンの弟に無関心だった。



 “いいレスラー”と“人気のあるレスラー”は必ずしもイコールではなく、オーエンにメインイベンターのステータスを与えたのはその天才的な運動センスではなくて兄ブレットに対する“裏切りのドラマ”だった。



 “売れない弟のジェラシー”というテーマはオーエンを月曜夜の連続ドラマの重要な登場人物のひとりにした。黒とピンクのリングコスチュームは、ブレットだけのものではなかった。



 ブルー・ブレーザー(青い閃光)はほんの数週間まえにリニューアルされたばかりの復刻キャラクターだった。



 オーエンは無名時代に何度かマスクマンに変身したが、やや唐突な感じで登場してきた“青マント”は、ソープオペラ路線が暴走しすぎてしまった“ロウ・イズ・ウォー”をほんのちょっとだけ軌道修正するために用意されたお手軽な正義の味方キャラクターだった。



 地上30メートルの高さからオーエンがリングの上に落下してきたとき、ほとんどの観客はそれが演出ではなくアクシデントだということに気がつかなかった。



 実況ブースに座っていたジェリー“ザ・キング”ローラーがあわててリングサイドにかけ寄っていった。アナウンサーのジム・ロスは「これはショーの一部ではありません。大きな問題が起きました」とだけ視聴者に伝えた。



 PPV放映はこの時点で番組を約15分間中断。ライブの観客へは全試合が修了するまで事故の詳細は知らされなかった。



 空からリングに舞い降りてくるはずだったオーエンは、なにかのまちがいでそのまま天に召されてしまった。“天才児”と呼ばれたレスラーの死はあまりにも突然で、あっけなかった。享年33。



 それがほんとうに正しい選択であったかどうかは議論の余地を残すところではあるが、WWEはPPVイベントの継続を決定し、午後8時から試合を再開。“ショー・マスト・ゴー・オンThe Show Must Go On”の格言どおり、予定のラインナップを決行したのだった。God Bless Owen’s Soul.(つづく)



※この連載は月~金で毎日更新されます



文/斎藤文彦 イラスト/おはつ



※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。