メッシ ゴール前の駆け引き

メッシ ゴール前の駆け引き

レオ・メッシはバレンシアGKのジエゴ・アウベスにとって悪夢となり続けている。

そして、FCバルセロナ対バレンシア戦のPKでメッシとジエゴ・アウベスの戦いは新たな章に入っている。



PKを蹴る前、ジエゴ・アウベスがメッシに近づき、どちらに蹴るのか尋ね駆け引きを行っている。これに対し、バルサのイニエスタはその場を離れるようにアウベスに要求している。



その後もアウベスの駆け引きは続き、ゴールマウスに立ってからもメッシに対して自分が左側に飛ぶことを伝えている。しかし、メッシはこれにひるむこともなく、真ん中にボールを蹴り込み、ハーフタイム直前にスコアを2−1としている。しかし、ゴールの後にはスポーツマンシップを両者は見せて、拍手を交わしている。



なお、メッシはアウベスから決めたゴール数を20に伸ばしており、アウベスがバレンシアのユニホームを着て以来13ゴールを決めている。