混戦ムード漂う春のスプリント王決定戦/高松宮記念の見どころ



 昨年の覇者ビッグアーサーの回避や、2着馬ミッキーアイルの引退、さらにシルクロードSを連覇したダンスディレクターの戦線離脱などで混戦ムードが漂う高松宮記念。春のスプリント王に輝くのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/26(日) 高松宮記念(4歳上・GI・中京芝1200m)

 レッドファルクス(牡6、美浦・尾関知人厩舎)は昨年のスプリンターズSでGI初制覇を果たした。続く香港スプリントでは12着と完敗したものの、今回のメンバーなら力上位は明らかと言っていいだろう。中京芝は3戦して全勝(ダートでも2戦1勝)と相性抜群で、休み明けも問題ないタイプ。国内スプリントGI連覇が期待される。

 メラグラーナ(牝5、栗東・池添学厩舎)は前哨戦のオーシャンSを制覇。これまで芝のスプリント戦で連対を外したのは重馬場がこたえた京阪杯(14着)だけで、中京でも勝ち星を挙げている。当日の馬場状態に問題がなければ、ここでも上位争いは必至だろう。

 その他、京都牝馬Sで久々の勝ち星を挙げたレッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田智之厩舎)、昨年のスプリンターズSで3着のソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、4着のシュウジ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)、シルクロードSで2着のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、阪急杯を制したトーキングドラム(牡7、美浦・斎藤誠厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。