混戦模様のハンデ重賞を制するのは/マーチSの見どころ



 1番人気が7連敗中のハンデ重賞。今年も混戦模様のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/26(日) マーチS(4歳上・GIII・中山ダ1800m)

 コスモカナディアン(牡4、美浦・金成貴史厩舎)はオープン昇格後、GI・川崎記念に挑戦し3着と好走。前走の仁川Sではダート無敗のグレイトパールに敗れたものの、3着馬は9馬身離していた。今回は中1週での出走となるが、中山ダ1800mはベストの舞台。ここで重賞初制覇なるか。

 アスカノロマン(牡6、栗東・川村禎彦厩舎)は東海Sで8着、フェブラリーSで15着と近2走は惨敗しているが、その前はチャンピオンズCで3着に入っているように、地力はここで上位のものがある。初の中山コースでの一変を期待したい。

 その他、交流GIでも活躍している大井のハッピースプリント(牡6、大井・森下淳平厩舎)、佐賀記念を勝ったロンドンタウン(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)、フェブラリーSでは逃げる競馬を見せたインカンテーション(牡7、栗東・羽月友彦厩舎)、除外対象もこの条件ベストのセンチュリオン(牡5、美浦・田村康仁厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時30分。