好意を持たれると冷めちゃう… 恋愛に踏み出せない女子の対処法

好意を持たれると冷めちゃう… 恋愛に踏み出せない女子の対処法「いい恋愛がしたい!」「彼氏が欲しい!」と日頃から思っているのに、なぜか男性から好意を示されると冷めてしまう……。そんな経験はありませんか? 今回は、こんな風に恋愛に踏み出せないでいる女子について考えてみましょう。







■そもそも、今あなたに恋愛って必要ですか?


自分は恋愛がしたいし、恋人も欲しいと思っているのに、なんで好かれると嫌いになるんだろう? この疑問について考えるとき、最初に問いたいのが「あなたには今、本当に恋愛が必要ですか?」ということです。



みんなが持っているものを、自分も必要だと錯覚しているかも



ファッションやコスメ、ブランド物もそうですが、雑誌やインスタでみんなが持っているのを見れば見るほど、「私も買いたい」と思ってしまうことはありませんか? また一方で、みんなが持っていないもっとすごいものを持ちたい、と思ったことは?



人は他人の欲望や持ち物を、自分も必要だと思いこんでしまう傾向があります。「同世代の友達はみんな彼氏がいるんだから、私も必要なんだ」「彼氏がいないのはおかしいんだ」……こんな風に、恋愛に駆り立てられる機会が多いほど、本来は必要ではないのにあたかも必要なものかと思い込んでしまうのです。



好きになれないならそのままでいい



異性からアプローチをされてデートを重ねても、なぜか相手のことを好きになれない。そんな時は、無理に恋愛をする必要はありません。相手のことを好きになり恋をするときは、「よし、しよう!」と思ってできるものではなく、自然とその状態になっているものです。







そんな時はきっと、恋愛ではない別の大切なものがあるはず。学業や仕事、趣味など自分が好きなものに時間を使えばいいのです。「恋愛でしか得られない経験がある」「彼氏はいた方がいい」と周囲に言われても、人は人で、自分は自分の個性があるのですから、気にする必要はありません。



■好意を持たれると急に無理になるのはなぜ……?


また、ちょっと気になっていた仲の良い異性からアプローチされると、急に「うわ、生理的に無理!」「もう会いたくない!」と冷めてしまう場合はどうでしょうか? 異性から性の対象として見られることが“不快”だという女性はたくさんいます。友達だったのに、「オンナ」として見られただけで、急に友情が崩壊した気持ちになることはよくあることです。



たとえそうなったとしても、深く気にする必要はありません。その相手がたまたま生理的に相性が悪かったというだけで、そういった感情が湧かない相手がいるはず。条件や年齢、体裁や友人の意見などに流されず、自分の直感に正直になることが一番大切なのです。



■それでも彼氏が欲しい! という場合は?




とはいえ「本気で彼氏が欲しいんです!」という場合はどうでしょうか? 気になっていたのに好意を示されると冷めてしまうという場合、まずは自分が今以上に謙虚になり、相手の良いところに目を向けるように努力することが効果的です。こういったパターンの場合、自分の理想が高すぎる(あるいは自分自身を過大評価しすぎている)ということが考えられます。



無理して恋人を作ることもない



完璧な人なんてどこにもいないし、あなたも相手にとって完璧であるとは限りません。不完全な部分を見つけるたびに絶望していたら、きっとどんな相手ともうまくいきません。相手に求めるだけでなく、自分自身も努力が必要です。もちろん「恋愛をしなくてはいけない」という義務などないのですから、無理をしてまで恋人を作ることもないのです。

(ヤマグチユキコ)