バルサ デウロフェウ帰還案

バルサ デウロフェウ帰還案

FCバルセロナのスポーツディレクターであるロベルト・フェルナンデスは、カデナ・セルのプログラムの中で、来シーズンはトップチームにおける生え抜きの選手の数が増えるだろうと明言している。



FCバルセロナBからの選手昇格について質問されたロベルト・フェルナンデスは、その答えをごまかすことはなかった。

「バルサBから選手が昇格するだろう。昨年私は、今年は昇格しないと言って、実際にそうだった。非常に難しい状態であったし、カテゴリーを降格し、状況は複雑だった。しかし、今夏には3、4人の選手がトップチームの補強になるだろう。名前は明らかにはしない、私はそれを良いとは思わないから、好きではない。しかし、1年前に言ったようにラ・マシアから補強しない手はない。昇格の可能性があると今は言える。」と明言しており、アレーニャやマーロンなどが昇格する可能性が高いだろう。



加えて、移籍マーケットにいる元カンテラの選手達についてもコメントし、デウロフェウやベジェリン等の復帰の可能性について否定することはなく、「我々にはその可能性はある。それは良いことだ。我々はその選択肢を行使することもできるし、現状起こっていることに満足している。エバートンに足を運び交渉し、再獲得には1,200万ユーロ(約14億5,000万円)だと考えている。」と述べ、詳細についても言及している。



同様にアーセナルの右サイドバックであるエクトル・ベジェリンについても語り、「彼は優れた選手であり、アーセナルで素晴らしいプレーを見せている。若くて興味深い選手だ。」と説明した一方でラフィーニャの放出については次のように否定している。



「彼が移籍したいという話は聞いていない。昨シーズン契約を更新している。」また、サンペールとムニルについても、「サンペールについては、彼にとって最良の手段を考える。スタートは良かったが、今は出場機会が減っている。ムニルについてはバレンシアが買取オプションを行使するかどうか分からない、しかし、判断は正しかった。彼の潜在能力が開花しつつあるし、もし、彼がバルサにいたら誰もそれに気付けなかったかもしれない。」と触れている。