近隣トラブルに苦しむ人の不満爆発 「一年中風鈴を外に吊るすのはやめて」「隣の子供が吐き出した ガムが道いっぱい」

近隣トラブルに苦しむ人の不満爆発 「一年中風鈴を外に吊るすのはやめて」「隣の子供が吐き出した ガムが道いっぱい」

生きていれば様々なトラブルに直面するが、ご近所トラブルは困りものだ。住んでいる場所でのいざこざは精神的に疲弊する。


女性用コミュニティサイト「ガールズちゃんねる」では4月19日、「ご近所さんに迷惑してるけど直接は言えない人」というスレッドが立った。スレ主は、「角を立てたくないので直接は言いにくいなあってことないですか?」と投げかけ、誰にも言えない不満をこっそり吐き出そうの意を込めてスレッドを立てた。


「お向かいのママさん、ママ友さん達と朝夕に玄関前で井戸端会議する時は声のボリュームをもう少し下げてください。笑い声が響いてますよ」


と愚痴った。


「階下から猫の糞尿の臭いが一日中してる 頭痛がするほどに臭い」




スレ主と同様に話し声に関する苦情が相次いでいる。


「幼稚園のバス待ちのママの話し声はかなりでかいんだよ!!!」
「駐車場で子供を遊ばせてベランダ前でずーーーっと井戸端会議してるママさん達、近くの公園にでも行ってください」


ママ達の話ならイライラする時間が限られているが、隣室住人の声となるときつい。


「毎日のように夫婦喧嘩はやめて下さい」
「声がデカいよ。 子どもを怒鳴り付けてる声が響き渡ってますよ」


などの不満が続出している。「一年中風鈴を外に吊るすのはやめてほしい」「朝六時に、植木に水をあげつつ受け皿をカンカンやる上の階オバさん。建物の中ヘリにカンカンやるから響くのよ」などの苦情もあった。


ペット禁止の物件のはずが、「たまに猫の毛が降ってくる」「階下から猫の糞尿の臭いが一日中してる 頭痛がするほどに臭いよー」など、隠れてペットを飼っている人に怒りを感じる人も多いようだ。


「狭い道なのにあちこち路駐だらけ! 駐車場もないのに車買うな!」


「隣の住人の洗濯物が激しくキツい香料で大迷惑」「台所の窓開け換気扇もつけてるから臭い煙草の匂いが私の家に入ってくる!」「バーベキューの臭いってどれだけ臭いかわかってるのかな? 」など、臭いによる迷惑を挙げる人もいる。


ほかにも駐輪や近隣住人の子供のマナーに対する迷惑行為への不満が寄せられている。


「狭い道なのにあちこち路駐だらけ! 来客時の路駐ならばまだしも、駐車場もないのに車買うな!ばかたれ!!」
「うちの前の道路 隣の子供が吐き出した ガムが道いっぱいにある 勘弁して 汚い うちの前で 遊ばないで」


日本法規情報が昨年出したリリースでは、近所トラブルに巻き込まれた経験がある人は47%に上る。トラブルを具体的に見ると、「騒音」「駐車、車のトラブル」「ペットの飼育やマナー」が多い。


本人に直談判した人もいるが、穏便に解決するとは限らない。それどころか、事件の引き金となるリスクもある。同リリースでは、「双方が納得のいくような手段を講じられるような専門家への相談も、ご近所トラブル解決の一助となると思われます」とアドバイスしている。


あわせて読みたい:除夜の鐘が「生活騒音」の時代