お尻に有名司会者の顔のタトゥーを入れた19歳(英)

お尻に有名司会者の顔のタトゥーを入れた19歳(英)

英ITVによる朝のテレビショー「This Morning」は、1988年から続くライブショーで月曜から金曜の朝10時半~12時半の2時間枠で放送されている。ホーリー・ウィロビーさんとフィリップ・スコフィールドさんのペアは月曜から木曜に司会を務め、ニュース、エンターテインメント、グルメ、健康など幅広い話題を楽しいおしゃべりを交えて紹介し、不動の人気を誇る。


そんな2人の大ファンであるという英ソーナビー在住のマティ・オハガンさん(19)は最近、自分の臀部右側にホーリーさん、左側にフィリップさんの顔のタトゥーを入れた。それぞれに1時間半、両方で3時間、約2万7千円をかけてプロに仕上げてもらったというが、施術には痛みも伴ったようだ。


マティさんは「これまでにもかなりのタトゥーを入れているんだけど、いまいちパッとしないんだ」と言い、憧れの司会者のタトゥーを入れることになった経緯についてこのように語っている。


「僕はアパートを友人のリー・クレーン(28)とシェアしているけど、そのリーがある日、イギリスで活躍するマルチタレントの2人組“アント&デック(Ant and Dec)”のタトゥーをお尻に入れたって言うんだ。」


「僕たちはふざけたことが大好きで、そんなことを聞いたら居ても立ってもいられなくなってしまってね。リーがそう出たなら、僕はその上を行かないと気が済まない。」


「“アント&デック”ときたら“ホーリー&フィリップ”を彫るしかないでしょう。彼らはいい友人だっていうし。」


衝動的な行動であるが、マティさんは今回の臀部のタトゥーの出来栄えにはかなり満足している様子で「あわよくば2人の朝の番組に出演してみたいね」とちらりと本音も漏らした。


ちなみに施術にあたったスティーヴ・ベルさんは「こんな変わったリクエストを受けたのは初めてだよ」とコメントしている。


ユニークと言えば、英グリムズビーに暮らすルイス・フリントさんが局部の上に入れたタトゥーは、掃除機「Henry the Hoover(ヘンリー・ザ・フーバー)」。ルイスさんは彼女に「キモイ」と言われレーザーでタトゥーを除去することを決心するも、あまりの痛さに断念したという。


出典:https://www.thesun.co.uk

(TechinsightJapan編集部 A.C.)