坂口杏里、逮捕後の“想像以上の転落”をAV関係者が暴露! 「もはや需要が見込めるのは…」

坂口杏里、逮捕後の“想像以上の転落”をAV関係者が暴露! 「もはや需要が見込めるのは…」

 知人から現金を脅し取ろうとしてAV女優のANRIこと坂口杏里容疑者が18日、恐喝未遂容疑で逮捕された。これで今後の女優人生に暗雲が漂っている。



 坂口容疑者は、元交際相手の30代ホストクラブ従業員に対し、インターネット交流サイトで「3万円貸してほしい」と依頼。ところが、断られたため「ホテルで撮った写真をばらまく」と脅迫したという。18日夜、東京都新宿区の待ち合わせ場所に現れた同容疑者をこのホストが取り押さえ、110番通報した。



 坂口容疑者といえば、女優の故坂口良子さんの長女として知られる。タレント活動をしていたものの、昨年AV女優に衝撃の転身を図ったことが記憶に新しい。



「デビューしたのは、芸能人専門レーベルとして知られるMUTEKIからでした。その後、業界大手のムーディーズに移籍し、5作目となるAVを5月に発売する予定です。AV女優になる少し前には、風俗店でも働いていたようですね」(AV関係者)



 そもそも坂口容疑者がAV女優になったのも、ホストへの借金がかさんだためといわれている。その額は、一部で2,000万円とされているが「実際はそれ以上ある」と先の関係者は指摘する。



「どういう契約になっているかはわかりませんが、売り上げが右肩下がりの今のAV業界は、まず3本契約から始まるのが主流です。そこで良い数字が見込めれば、契約延長となる。芸能人として、どんなに大盤振る舞いしたとしてもギャラは1本300万円が上限ではないか。もし2,000万円以上の借金があるとすれば、余裕はないかもしれません」



 今回の事件で、たった3万円のために恐喝したことを不思議がる声も上がっているようだが、それだけ切羽詰っていたとしたら、合点がいく。



「坂口さんが入れ揚げていたホストは指名が多く、かなりの“名うて”として知られていました。ベッド写真がバラ撒かれれば、他の指名客が離れかねない。そこで、やむを得ず通報したそうです。もっとも、坂口さんは他のホスト店にも出入りして派手に遊んでいたと聞きます。インスタグラムの裏アカには、弾けっぱなしの写真がいっぱいありますよ」(新宿のホスト事情に詳しい関係者)



 それにしても問題なのは、あれだけ芸能人としての知名度があるにもかかわらず、AV女優として期待したほどブレークしていないことだ。芸能界を辞めた坂口容疑者を引き取ったAV系の大手事務所は、売り出し方に苦慮したという。



「本来ならば、元芸能人としてのネームバリューがあるので、大々的にマスコミに露出していきたかったそうなんです。ところが昨今、AV出演強要問題が取り沙汰されていたため、慎重になってしまった。借金を返すためにAVに出ざるを得なかったとなれば、世間から批判を受けるだけではなく、当局が動く可能性もありますからね。坂口がフジテレビのインタビューに出たとき、借金について否定したのもそれが理由なんですよ」(AVプロダクション関係者)



 しかし、ブレークできない理由はそれだけではないようだ。坂口容疑者には、AV女優として致命的な欠点があったという。



「ボディーが貧しすぎるんです。今のハイクオリティーなAV女優を見慣れているユーザーにしてみれば、『物足りない』というのが本音。メーカーも頭を抱えていますね」(同関係者)



 そんな八方塞がりの坂口容疑者だが、今回逮捕されたことで転落する一方だ。



「もし需要を見込めるとすれば、過激作品に出演せざるを得ませんね。天国のお母さんのことを思うと同情を禁じ得ません」(先のAV関係者)



 今回の逮捕劇は、ますます坂口容疑者の人生に重くのしかかっていくことだろう。





※画像は、坂口杏里改めANRI写真集『What a day !!』(講談社)