ぺちゃ鼻が悩みの方へ。すらっとした鼻を演出するメイク法♡

ぺちゃ鼻が悩みの方へ。すらっとした鼻を演出するメイク法♡コンプレックスになりがちなぺちゃ鼻。
鏡を見るたびにため息、なんてことありませんか?
でも、そんなぺちゃ鼻を払しょくするメイク法があるんです!
今回は、すらっとした鼻をつくるメイク法をお伝えしていきます。
ぜひ取り入れて、コンプレックスと決別しましょう。

ベースメイク




 





出典:jp.pinterest.com



 



ナチュラルに鼻を高く見せるには、骨格をはっきりと表現することですらっとした鼻に見えやすくなります。



骨格をはっきりとするにはベースメイクを塗る際に気を付けるポイントがあります。



 



まず、ファンデーションの色味を多数持っている場合には、若干首元の色よりも明るめのカラーを鼻筋、額、頬の内側に塗り、この3か所以外を通常の首元と同じカラーで塗ります。



こうすることで、骨の出ている部分をより高さを出して見せることができるので、骨格がはっきりとします。



ファンデーションの色味を多数持っていない場合でも、フェイスパウダーを同じように乗せることで簡単に作ることができます。



 



ノーズシャドウ




 





出典:pixabay.com



 



やはりすらっとした鼻を1番簡単につくる方法は、ノーズシャドウです。



ノーズシャドウとは、その名の通り眉頭から鼻筋脇にかけて影をつくることです。



自分の肌よりも暗めのカラーで、鼻の影をつくることで堀が深く、鼻の高さを出してみせることができます。



 



ノーズシャドウのやり方は、ふわっとした平らでないタイプのアイシャドウブラシを使用して、眉頭から両方の鼻筋脇におろしてくるように、自分の肌よりも暗めのカラーのパウダーを塗っていくだけです。



この時のパウダーとは、ノーズシャドウ専用のものでも、アイシャドウでも、フェイスパウダーでも大丈夫です。



自分の肌のカラーをよく見極めて、より自然に見えるようなカラーのパウダーを選びましょう。



 



また、アイシャドウチップなどで塗る人もいますが、濃く塗りすぎてしまうのでブラシで塗った方がより自然に仕上がります。



 



ハイライト




 





出典:pixabay.com



 



3つ目の方法はハイライトを使うこと。



ノーズシャドウは影を作る方法でしたが、ハイライトは逆で、明るく光が当たったようにつくることで鼻の高さを出して見せるメイク法です。



鼻をすらっと見せたいから、鼻筋だけハイライトを塗る!という人も多いのですが、しっかりと骨が出ている部分すべてハイライトを塗ることで、全体的に顔の凹凸がはっきりしやすくなり、より自然な仕上がりになります。



 



ハイライトを塗る部分は、額、鼻筋、頬骨から眉尻に向かった部分と、顎です。



この4か所をチークブラシ程度の大きさのふわっとしたブラシで、ハイライトを入れていきます。



ハイライトは専用のパウダーの方が光を拡散しやすいので、骨格がはっきり見えるだけでなく、肌もきれいに見えるのでおすすめです。



しかし専用パウダーがない場合でも、白っぽい色味や明るいベージュカラーのアイシャドウ等で代用できます。



 



 



いかがでしたか?



どれか1つだけ取り入れるだけでも、鼻が高く見えやすいですが、3つ取り入れるとより一層骨格がはっきりとして鼻がすらっと見えやすくなりますよ!



明日からこのメイク法を取り入れてみてくださいね!