エロは抑えると言いつつ、生脱ぎ&おっぱい測定! 地上波屈指のお色気番組はセカンドシーズンもエロ全開

エロは抑えると言いつつ、生脱ぎ&おっぱい測定! 地上波屈指のお色気番組はセカンドシーズンもエロ全開

 「近年まれにみるお色気番組」と話題の深夜バラエティ『佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~』(フジテレビ系)。大久保佳代子(45)がメーンを務め、エロ要素を取り入れながら人気ゲームを紹介する番組だ。



 レギュラーキャストはロバートの秋山竜次(38)と若手女優の武田玲奈(19)で、多数のグラビアアイドルが登場する。基本的にビキニ姿のグラドルたちはセクシー要員といったポジションで、本来のテーマであるゲームはさておきキワどい姿を見せまくる。



 一部の男性視聴者からアツい視線を注がれる同番組は、20日の回で「セカンドシーズン」への突入を発表。このところ放送がなかったこともあり、ネット上の視聴者からは新シーズンを歓迎する声がすぐさま寄せられることになった。



 また、これまでは10名以上のグラドルが入れ替わりで出演していたが、新たなシーズンを迎えるにあたり、レギュラーメンバー6名が確定。「奇跡の二次元ボディ」と称されるIカップグラドルの天木じゅん(21)や、歌手とグラドルというふたつの顔をもつ藤田恵名(26)らが、レギュラーの座を勝ちとったカタチだ。



 さらに、「日本一のコスプレイヤー」と呼ばれるえなこ(23)を新メンバーに起用。彼女はゲームにも精通しているとのことで、これまでゲームに疎いところを見せていたグラドルたちにとっては強力なライバルになりそうだ。



 番組的にも、今後は「お色気の要素をほんのちょっと抑える」そうで、ゲーム企画に力を入れていくという。だが、その第1弾となった企画「本気ゲーム対決」では、男性ファンが喜ぶ演出がきっちり用意されていた。



 対決したのは、新レギュラーに選ばれた野々宮ミカ(24)と柳本絵美(25)。「身体100点、顔0点」というユニークなキャッチコピーの野々宮と、『ミスFLASH2009』グランプリの柳本は同じ高校に通っていた同級生で、ふたりとも「絶対負けたくない」と並々ならぬ意気込みで対決に臨んだ。



 ふたりは本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』の対戦モードで勝負することに。事前に企画内容を伝えられた彼女たちは自分のキャラクターを育てており、対決が始まるとハイレベルで白熱したバトルを繰り広げた。結果は、野々宮の負け。その罰ゲームとして行われたのが、"生脱ぎ"だ。



 可愛らしいワンピースを身につけていた野々宮は、勝負に負けた悔しさをにじませながらビキニ姿に。「身体100点」を自称するだけあって、見事なFカップバストと引き締まった腰回りを見せつけた。ゲームでは負けてしまったが、自己アピールはしっかりできたといえそうだ。



 また、罰ゲームの一環として、アスリートの筋肉の硬さなどを調べるために開発された「押し込み硬さ測定装置」を使い、野々宮の胸の柔らかさを計測。棒状の機械が野々宮の横乳に押し当てられると、その部分が「生の鶏もも肉」程度の柔らかさだと判明した。



 お色気要素を抑えるとしながらも、「生脱ぎ」や「おっぱい測定」があった今回。これには秋山も、「さすが」「セカンドシーズンも全開ですね」と思わずニンマリ。当然ながら男性視聴者も大喜びで、放送中からネット上には興奮の声が続出することになった。



 ちなみに、今回の放送には、先日、突如芸能界からの引退を発表した現役女子大生グラドルの石原佑里子の姿も。冒頭のレギュラー確定を発表したシーンでは石原も笑顔を弾けさせていたが、この収録の時点では、引退するとはスタッフも含め誰も考えていなかったのだろう。何にせよ、地上波屈指のお色気番組は今後も話題を呼びそうだ。

(文=愉快)