デヴィ夫人、テレ東深夜の出演オファーを受けたマネージャーを叱咤

デヴィ夫人、テレ東深夜の出演オファーを受けたマネージャーを叱咤タレントのデヴィ夫人が、4月20日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系列、毎週木曜24:12~)に出演。“デヴィ節”を炸裂させ、スタジオを沸かせた。



芸能史に名を刻んだスターから現在活躍している芸能人まで、さまざまな有名人が集まり、金銭事情・スキャンダル・病気・借金・転落人生などに焦点を当て、衝撃事実を明らかにする同番組。



今回は「人生が180度変わった有名人SP」と題し、インドネシアのスカルノ元大統領との奇跡の出会いを果たしたデヴィ夫人のほか、東大に最も近いと言われる進学校に通っていたにも関わらず、セクシー男優の道を選んだ森林原人らが出演。



冒頭、スタジオに招かれたデヴィ夫人に、MCの名倉潤は「何の番組か聞いてからお受けしなはれや。テレ東の深夜番組ですよ、コレ」と言うと、デヴィ夫人は「私はマネージャーに言いましたよ。誰と一緒に出るのか、どんなお話をするのか、深夜番組で何かエロっぽいお話だったら辞めた方がいいわよって言っていたんですけど……」と苦言。忠告したにも関わらず、マネージャーは出演オファーを受けてしまい、デヴィ夫人は「彼(マネージャー)はまだ私のオフィスに入って7か月くらいなので、色々な様子が分かっていない」と説明した。



また、この日の並びが、デヴィ夫人の横に森林が座っていることに対しても「さっき車の中で(マネージャーを)散々怒りました」と明かし、スタジオを沸かせた。



それだけではなく、森林が話している最中に「AVって実際にするんですか?」と質問するなど“デヴィ節”を炸裂させていた。