やりすぎメイクは卒業。アラサー女性にぴったりの大人レディメイク

やりすぎメイクは卒業。アラサー女性にぴったりの大人レディメイク

「アラサーになったら、装いが変わった」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。アラサーにはアラサーの魅力があります。20代前半にはなかった色気や大人っぽさ、知性を兼ね備えたあなた。濃い化粧やカラコン、つけまつ毛を卒業して、“大人レディメイク”に挑戦してみませんか? 品があり、華やかな服装にぴったりのメイクですよ。ぜひお試しくださいね。




■「大人レディメイク」のポイントはココ!


まずは、”大人レディメイク”のポイントを押さえておきましょう。張り切ってメイクをすると、ついつい濃いメイクに仕上がってしまいがちです。濃いメイクも良いですが、”大人レディメイク”は、服装を邪魔しないことが大切だといえるでしょう。

濃いメイクは、ときに洋服と喧嘩してしまいがちです。あなたは他人を見るときに、顔だけを見ますか? そうではなく、髪型や服装なども含めて見ますよね。服装の良さを邪魔しないメイクこそが、“大人レディメイク”なのです。



今アラサー世代である人は、青春時代に”盛るメイク”が流行ったと思います。バッチリと囲み目でアイラインを引き、カラコンにつけまつ毛……。そういったメイクは、今の年齢ではあなたの良さをかき消してしまっている可能性があります。さり気ない色香を醸し出し、洋服ともマッチして。そんなメイクを心がけてみましょう。



■カラーレスなアイシャドウで適度なツヤ感を楽しんで


色っぽいメイクといえば、ツヤ感のあるメイクです。しかし、ラメとパールではそのツヤ感が異なります。ラメがザクザクと入ったアイシャドウは、子どもっぽくなりがちです。“大人レディメイク”では、ぜひパールの入ったアイシャドウをセレクトしてみてください。


アイカラーはグレーやベージュなど、服装の色味を邪魔しないものがおすすめです。カラーレスは心もとないという方でも大丈夫、パールが味方になってくれます。グレーやベージュはパールが艶っぽく光りる嫌みのないツヤなので、”大人レディメイク”にぴったりなのです。



パール入りのアイカラーをアイホール全体に重ねたら、同じカラーを二重幅に重ね塗りしましょう。そして、目の際にはもう一度重ね塗り。最後に何もついていないブラシでサッと境目を馴染ませてみてください。ワンカラーでグラデーションができますよ。


アイラインはまつ毛の際を埋める程度にとどめてください。オーバーラインはあえてせず、ナチュラルな大きい目を狙います。マスカラはロングタイプのものを丁寧に塗ってくださいね。



■チークとリップは添える程度に。パーティーシーンではレッドルージュも◎



チークやリップでおすすめしたいカラーが、ダスティピンクです。ピンクは子どもっぽく見られがちですが、ダスティピンクは、その名の通りくすんだピンクです。ほろ苦さを感じさせながらも適度に甘い。そう、アラサーにぴったりのカラーなのです。さらに、さり気なく色付くことから洋服とも喧嘩しにくいのが特徴です。


レースアップドレスを着てパーティーに行くときは、ルージュのみをレッドにすると良いかも。レッドルージュは女性の永遠の憧れ。イエローベースの方は黄みがかったレッドを、ブルーベースの方はワインレッドを選ぶと浮きにくくなります。ブラシを使わず直塗りして、ラフな抜け感を出すと良いですよ。



■洋服の邪魔をせずに。ツヤで魅せる大人のメイク


アラサーになって洋服をチェンジしようと思っている方。その年齢にはその年齢の良いところがあります。今のあなたを輝かせるために、服装だけではなくメイクもチェンジしてみてはいかがでしょうか? 良い意味でセクシーで、ドレスを着るときにもぴったりです。もちろんドレスの日でなくても使えるメイク術なので、一度試してみてはいかがでしょうか? あなたの良さを、もっと引き出してくれるはずですよ。



(美容ライター・西田 彩花)



【あわせて読みたい】
・華やかな発色に心がときめく!春の新作コスメ3選
・この春はトレンドの「シアーブルー」を纏って柔らかい目元に
・1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは
・絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】

・美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材

・パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦

・【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!

・30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ