トーレス 将来について言及

トーレス 将来について言及

アトレティコ・マドリードのストライカー、フェルナンド・トーレスは今週水曜日、来シーズンの自身の将来についてコメントした。

彼は6月にクラブ・ロヒブランコとの現行の契約が満了を迎える。



「僕がここに帰ってきた時、そして、これからもずっと持ち続けるだろう願いを誰もが知っている。僕はクラブで感じている事や将来をどうしたいか隠す事が出来ない。」

広告イベントでトーレスは、そのように話した。



「それは現在、絶対的にあまり重要なテーマではない。僕たちはクラブの歴史において最もスペシャルで重要なシーズンにするチャンスを目の前にしている。その他のいかなるテーマも現時点では最も重要なものではない。」

エル・ニーニョはそのように締めくくった。



フェルナンド・トーレスは2015年1月にイタリアのミランからローン移籍で彼の人生のクラブに復帰し、昨年6月に1年間の契約延長にサインした。