竹野内豊と倉科カナに飛び交う“破局説”「竹野内はゲイだと信じている」業界人も……

竹野内豊と倉科カナに飛び交う“破局説”「竹野内はゲイだと信じている」業界人も……

 一部で「結婚秒読み」とまで伝えられていた俳優・竹野内豊(46)と女優・倉科カナ(29)が、「破局したのではないか?」とささやかれている。ある芸能記者は「長く2人の動向を探ってきたが、すでに別れているという話を複数から聞いた」という。



 2人は2014年10月の写真誌「FRIDAY」(講談社)で、竹野内が倉科の自宅に通う様子を報じられ、双方の所属事務所が交際を認めていた。



 17歳差カップルは、その後も一緒に買い物をする姿などが伝えられ、昨年12月23日の倉科の誕生日前にも、芸能リポーターが「女性の誕生日に入籍しそうなカップルがいる」と、結婚をにおわせていた。



 結局、入籍はなかったが、その直後に井上公造氏も2人の結婚を「100%」と断言。ただ、3月になると井上氏はネット番組で「なかなか結婚しない芸能人カップル」のひとつとして挙げるなど変節していた。ついに最近は、芸能記者の間でも「破局説」が飛び交うようになってしまったのだ。



「当初は結婚を見据えて取材をしていたんですが、2人が同時期に近い場所にいることが極端に減っていることがわかって、経験上、これは破局かなと」と前出記者。



「もし交際が続いていたとしても、2人が過ごせる時間はかなり少ないはずで、そうなると長くはなさそう。関係者など周辺に探りを入れてみても、明るい話はひとつもなく『もう付き合っていないと聞いている』と話す人もいました。中には、いまだ竹野内はゲイだと信じている業界人もいて、『そもそも倉科との交際自体がカムフラージュだった』とか言っているんですけどね(苦笑)」(同)



 竹野内は過去、美女との交際報道が何度もありながら、ゲイ疑惑が絶えず、倉科との熱愛報道時もネット上で「あれ、ゲイじゃなかったっけ?」なんて声まであったほど。その真偽はわからないが、別のベテラン芸能記者はこう話す。



「竹野内さんはその昔、あるゲイ俳優・Mさんとのデートが目撃されたことがあって、写真誌のカメラマンが大急ぎで向かったのですが、間に合わなかったんです。現場を撮れていないので事実かどうかわからないままですが、そういう話がチラホラ聞かれるのも確か」



 一方、週刊誌記者は「交際継続」としている。



「倉科さんと親しい友人女性が『別れたという話は、一度も聞いてない』と言っていましたから、密かに交際は続いているのでは? 根拠としては弱いですけど、破局したらしたで、双方がその情報を喜んで出しそうなものじゃないですか」



 こうした話に翻弄されているのが、竹野内の女性ファン。倉科との熱愛報道には「精神的にボロボロ」「何もやる気が出なくなった」と“ロス症状”が叫ばれていたが、破局説に「このままフェードアウトしてくれたら最高」といった声が増えている。



 そこに決着をつけるべく記者も奔走するが、現時点ではまだ確定情報にはたどり着いていない。

(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)