渡辺直美の専属スタイリストが、ぽっちゃり女子向けの着こなし術を伝授

渡辺直美の専属スタイリストが、ぽっちゃり女子向けの着こなし術を伝授

 渡辺直美、柳原可奈子らを担当するスタイリスト・大瀧彩乃による本『ぽっちゃり女子のファッションbook』が5月19日に発売された。 


 


 同書では、大瀧が、ぽっちゃり体型の女子に向けて着こなし方を伝授。


 太って見えない服選びのコツやスタイルアップの方法、ビッグボディーを生かしたスタイリングなどを紹介する。


 ぽっちゃり体型をアルファベットの形に見立て、


  (1)胸が大きく肩幅などが広い上半身ガッシリのVタイプ


  (2)お尻や足腰が太い下半身ドッシリのAタイプ


  (3)上も下も大きい全体がビッグのOタイプ


 の3タイプに分け、モデルが実際に着用した写真をもとに、体型を生かしたコーデ術、着こなしのポイントを丁寧に解説していく。


 



©主婦と生活社


↑上半身ガッシリVタイプ


シャツは胸もとスッキリのVラインのものを選ぶと印象が軽くなる。


コーディネートは目線を下に誘導するように、存在感のあるパンツを。


 



©主婦と生活社


↑下半身ドッシリAタイプ


シャツはヒップがカバーでき、ウエストまわりもすっきりする前後非対称のものを。


太い下半身はロングスカートで隠して、帽子で重心を上げる。


 



©主婦と生活社


↑全体ビッグOタイプ


シャツはオーバーサイズを選び、脇や衿の加減のできるデザインを選ぶ。


フレアスカートでウエストを絞って、『Xライン』を作り、体にメリハリを出す。


 


 取り上げるアイテムも豊富で、シャツやスカートといった定番服に加え、バッグに靴にアクセサリーなどの小物、下着や部屋着、水着と多岐にわたる。


 その他にも、ファッショニスタとして評価が高い渡辺直美との対談や、これまでの渡辺のファッションの変遷がわかる“Naomiファッション史"、どのように渡辺のスタイリングを組んでいるかに密着した「Naomiファッションの作り方」も掲載。



©主婦と生活社


 渡辺直美が「服選びの基準と、おしゃれすることの楽しさを教えてくれた人。仕事スイッチを入れてくれる欠かせない人ともいえる。これからもずっと仕事を一緒にしていきたい」と語る、大瀧の本。


 「所詮モデルとは体型が違う」「昔と体型が変わってきた」などと思っている人におすすめの1冊だ。


 


大瀧彩乃コメント


 「女性は、ぽっちゃりしている方でも痩せている方でもどこかしらコンプレックスになっている部分があるのではと思い、私が学んできたこと、発見してきたことを今回本にまとめました。


 体型を気にしてオシャレをするのが面倒になったり、自信がなくなった方に是非読んで頂きたいと思います。


 自分の好きなお洋服を、少しの工夫で簡単に着痩せできることを楽しんで頂けたら嬉しいです!」



©主婦と生活社


 


著者プロフィール


神奈川県出身の現在35歳。


‘99年にアイドルグループ『チェキッ娘』の一員として芸能界デビュー。


グループ解散後、もともとファッションが好きだったことから、表舞台に立ち続けるよりもおしゃれという面から人々をサポートしたいと思い、’00年に芸能界引退。


古着屋で修行を積み、’02年からテレビ業界向けのスタイリング会社に入社。’06年に会社内でスタイリストに昇格すると、柳原可奈子、渡辺直美の専属スタイリストに。


ぽっちゃり女芸人にありがちな“チェックシャツにジーンズ”などのコーディネートがいっさいせず、体型をカバーしつつも、タレントの個性を引き出すスタイリングが話題を呼び、“ぽっちゃりさんの気持ちがわかるスタイリスト”と呼ばれるように。


’13年に事務所を離れフリーとなり、現在は渡辺と柳原のほか、横澤夏子、福田萌、山田菜々など11組のタレントを抱える。