チークは何色がオトナっぽいの?オトナ色のチーク特集♪

チークは何色がオトナっぽいの?オトナ色のチーク特集♪オトナっぽいメイクにかかせないのがチークです。
チーク一つでメイクの印象が可愛いからオトナっぽく変わるって知っていますか?
今回は、オトナっぽいチークの色から、チークの入れ方、おすすめのチークアイテムまでまとめたチーク特集です。
これで、明日からオトナ色のチークを使用してメイクを変えてみませんか。

オトナっぽい色のチークはピンクベージュがマスト




 





出典:weheartit.com



 



ピンクと言うとなんだか可愛い、若々しいというイメージがありますよね。



しかしピンクはピンクでも色のトーンを落としたピンクベージュや、すこし黄味がかったオレンジ寄りのピンクベージュなどのカラーは日本人の肌を美しく見せてくれるカラーです。



明るめカラーのピンクは浮いて見えてしまいますが、肌馴染みの良いピンクカラーを使用すると、肌に透明感も出してくれることができますよ。



 



また、オトナっぽいチークメイクを作るにはカラーだけではなく、質感も重要になってきます。



あまりラメの強い質感のチークでは、幼く見えてしまうのでラメ入りは控えて、パール感のあるものでツヤを出すか、マットなタイプをチョイスした方が良いでしょう。



ベージュが強いものなどはパールもないマットなタイプの質感だと、肌がくすんで見えることもあるので要注意です。



 



チークの入れ方




 





出典:weheartit.com



 



普段チークはどのように入れていますか?



丸みのある形で入れていると、若々しい、可愛い印象になるので、可能な範囲でシャープに入れるのがベストです。



基本は顔型に沿ったチークの入れ方をすると良いのですが、できるだけ丸みを少なくするとオトナっぽいチークの入れ方になります。



 



まずは、大きめなチークブラシにチークを適量とり、顔の内側から耳もしくはこめかみに向かって一筆でつけます。



途中でブラシを離してしまうとぼやっとしたチークになってしまうので、一筆書きをして、濃さを足したり、ぼかしたい場合はそこからさらに一筆、という形にすると無駄にぼやけずに済みます。



また、小さいチークブラシだと直線的になってしまうので、大きめのチークブラシを使うと失敗しにくいです。



 



おすすめのオトナ色チーク




 



・アディクション ブラッシュ 27 Naked Lies



 





出典:s.cosme.net



 



ほのかにピンクがかったヌーディベージュカラーのチークです。



この色味は、ピンクベージュの中でもベージュ感が少々強めなのでオトナっぽいチークの入れ方を行うと、骨格まではっきりみせてくれるようなカラーと言えます。



このカラーを使用する際には直線的にならないようにぼかしながらつけるのがおすすめです。



 



 



・M・A・C ミネラライズブラッシュ ウォームソウル



 





出典:s.cosme.net



 



肌に負担がかかりにくいと言われているミネラル成分を使用したチークカラーです。



普通のラメやパールでは出せない輝きはミネラル成分特有のもので、ツヤ感のある肌に見せてくれます。



見た目は濃いベージュに見えますが、ブラシで実際に肌にのせてみるととても肌馴染みの良いカラーです。



 



 



いかがでしたか?



落ち着いたピンクベージュカラーのチークを丸くなりすぎないようにつけると、オトナっぽいメイクに変身できます。



今まで使用していた明るめのチークカラーとピンクベージュカラーを混ぜたりしても気分が変わって良いですよ。



ぜひ、可愛いから、オトナっぽいにチェンジしてみてくださいね。