男子1位はIT系!「中高生の将来の夢」女子の1位は意外にも…

男子1位はIT系!「中高生の将来の夢」女子の1位は意外にも…

現代の中高生は“安定志向”が強い!


調査ではまず中高生に「将来の夢」について尋ねました。すると答え(中学生/高校生)は、


1位・・・安定した毎日を送る(38.5%/42.4%)


2位・・・好きなことを仕事にする(38.0%/41.8%)


3位・・・あたたかい家庭を築く(34.0%/38.3%)


4位・・・趣味を充実させて生きる(34.0%/36.4%)


5位・・・素敵な相手と恋愛・結婚する(32.5%/36.0%)


意外にも中高生は安定志向が強いようです。


しかし男女間に大きな差があり、女子のほうが家庭や結婚、恋愛に関する夢が強い傾向に。


男子だけで見ると中学生1位は「好きなことを仕事にする」(32.0%)、2位「お金持ちになる」(31.0%)、3位「趣味を充実させて生きる」(30.0%)と、恋愛・結婚、家庭の重要度が下がります。


親の姿を見て学ぶところもあるでしょうが、本能的に男女で異なった欲求があるのかもしれませんね!



 


中高生がなりたい職業ランキング


次に「将来の夢やなりたい職業に向けた準備をしたことがあるか」と尋ねると、最多(中/高)は、「叶える方法を調べる」(74.5%/77.0%)、次いで「するべきことを考える」(74.0%/76.0%)、「意見交換・話し合い」(70.0%/71.0%)という順に。


では中高生の将来の夢とは一体何でしょうか?


まず中学生から見ていくと、男子は、


1位・・・ITエンジニア・プログラマー(24.0%)


2位・・・ゲームクリエイター(20.0%)


3位・・・YouTuberなどの動画投稿者(17.0%)


次に女子は、


1位・・・歌手・俳優・声優などの芸能人(19.0%)


2位・・・絵を描く職業(14.0%)


3位・・・医師(13.0%)


中学生の夢は女子3位の医師を除き、学歴というよりは才能や技術など、個人の実力がものをいう職業ばかり。ちなみに、あのマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も大学中退から世界一の富豪になった人物です。


では次に高校生の夢を見てみましょう。まず男子は、


1位・・・ITエンジニア・プログラマー(20.8%)


2位・・・ものづくりエンジニア(13.3%)


3位・・・ゲームクリエイター(12.5%)


そして女子は、


1位・・・公務員(18.8%)


2位・・・看護師(12.8%)


3位・・・歌手・俳優・声優などの芸能人(12.5%)


男女とも高校生になると中学生の頃より現実的になるようです。特に女子は公務員や看護師など、一生続けていけそうでリストラなども受けにくい職業に興味を持つようですね。




大学を卒業しなかった世界のIT富豪は?


男子は中高生ともにIT関係の職に就きたい子が圧倒的に多いという結果になりましたが、特に米国のIT業界は実力第一主義。


前出のビル・ゲイツ氏と同様に、IT・コンピューター業界の成功者には大学中退者がかなり多いのです。大学卒業の学歴がなくとも、実力で成功を勝ち取っているということです。


有名なところでは以下の3人が挙げられます。


(1)スティーブ・ジョブズ


いわずと知れたアップルの創始者で、2011年に逝去した故スティーブ・ジョブズ氏。養子として貧しい家庭で育ち、育ての親が懸命に稼いだお金が大学の授業料に消えていくのは無駄、という理由で中退したそうです。


(2)ラリー・エリソン


オラクルの共同創業者であり、元CEO(最高経営責任者)、世界富豪リストの常連ラリー・エリソン氏も、大学中退からコンピューターソフトウェアの世界で身を起こしたそうです。


(3)マイケル・デル


デルの創始者で現会長兼CEOのマイケル・デル氏は大学在学中にビジネスの構想を練り、デルの前身となる会社を起業。中退して経営に注力し、27歳までには会社を全米500位以内の規模に成長させたそうです。



 


いかがでしたでしょうか。


大学中退が良いというわけではなく、もちろん卒業してからでも遅くはないでしょうが、世界の富豪は学歴ではなく実力でのし上がった人がほとんど。


夢を叶えるためには、良い大学に入って勉強して……と思いがちですが、そうとも限らないということです。「うちの子は成績が悪い」と嘆かず、親が広い視野を持って、子どもが夢の実現へ向かう道のりをサポートしてあげてくださいね!


(ライター 相馬佳)