解説者 番組内で「殺すぞ!」

解説者 番組内で「殺すぞ!」

テレビ番組“El Chiringuito”で最も悲惨な出来事の1つが起きている。その出来事とは激昂した元アルゼンチン代表GKウーゴ・ガッティがクリストバル・ソリアを脅迫している。



【関連記事:ゲイ告白の審判に殺しの脅迫】



セビージャの代表を務めたこともあるクリストバル・ソリアとラ・リーガ最終節においての選手たちの金銭によるモチベーションについて口論になると、激昂したガッティは「殺すぞ!」と叫んでいる。幸運にもナチョ・ペニャ、キム・ドメネク、ペトンが2人の間に入ったため最悪の事態は間逃れている。



このディスカッションの原因は他でもないセルタの選手たちに対するレアル・マドリード戦での特別賞与であった。元ボカ・ジュニーズのGKガッティがサッカー選手の崇高さを擁護する一方で、クリストバル・ソリアは「サッカー選手は1にお金、2にお金、3にお金のためにプレーする。」と主張していた。