車「教習所で習うんですが」 自転車乗りが嫌がる左折時の左寄せに、賛否の声

車「教習所で習うんですが」 自転車乗りが嫌がる左折時の左寄せに、賛否の声

多くの人が利用する自転車。



日常的な移動手段としてはもちろん、ロードバイクなどのスポーツサイクルを趣味としている人も少なくありません。







しかし、利用者が増えてくると、それに比例して増えてくるのがトラブルです。



自転車は、軽車両に当たるため、原則として車道を走らなければなりませんが、車とは異なり、免許を必要としません。



そのため自転車と車の間に、認識の違いやルールについての勘違いが起こり、問題となってしまうことがあるのです。



ある自転車乗りが車の左寄せに「迷惑!」



Twitterに投稿された1枚の写真が話題になっています。



撮影をしたのは自転車に乗っている人。そして、そこにはこんな光景が写っていました。




自転車の前には、1台の車。



その車は信号待ちで停車していますが、車体を左側に寄せている。




自転車側からすると「進路をふさがれた」と感じたのでしょうか。



汚い言葉で、車の『左寄せ』に悪態をついていました。



この投稿に対し、自転車に乗る人からは「その通りだ!」と多くの意見が寄せられます。





※写真はイメージ





自転車側の意見




幅寄せしてくる車は本当に迷惑。なんで、わざわざ自転車の邪魔をするんだ!


都内を自転車で走っていると、本当に幅寄せしてくる車が多くてうんざりする。マジで止めてくれ。


車道は車だけのものじゃないだろ…車側の嫌がらせ行為がヒドすぎる。





しかし、こういった意見に対し、車を運転するドライバーが異を唱えます。




「車が左折時、信号待ちで左に寄せるのは当たり前じゃん。教習所でも習うでしょ!」




実際に、道路交通法の第三十四条には次のように書かれています。




道路交通法・第三十四条



車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。




つまり、車が左折時に左に寄るのは当然なのです。





※写真はイメージ




多くのドライバーが、自転車側の意見に困惑しているようです。




車側の意見




写真だけでは判断できませんが、車は左折をしようとしたのでしょう。左折時は巻き込み防止のために、車を左に寄せるもの。嫌がらせでも何でもありません。


自転車乗りの中には免許を持っていない人もいるから幅寄せを嫌がらせととらえてしまうのか…安全のためにやっているんだよ!


元々はバイクの巻き込みを防止するために行っていた左折時の幅寄せ。それを邪魔していると考えられてしまうとは…。





中には直進をするのに、自転車を妨害するために左に車体を寄せる車もいるでしょう。



しかし、多くのドライバーは自転車を巻き込まないために…つまり、安全のために左寄せをしているのです。



自転車にとっても、車にとっても交通事故は避けたいもの。だからこそ、互いを尊重し、交通ルールを知って安全運転を心がけることが何よりも大切なのではないでしょうか。




[文・構成/grape編集部]