安倍晋三が“皇室に弓を引いた”蘇我入鹿と並んだ日…「上皇后」とは?

安倍晋三が“皇室に弓を引いた”蘇我入鹿と並んだ日…「上皇后」とは?


 新聞に載るのが名誉の場合とは限らない。たとえば犯罪者の場合。同じく、歴史に名を残すのも、時と場合による。こと皇室の歴史に名を残す場合。



 天皇陛下の退位を実現する特例法案が可決され公布された。



 以前、評したように、譲位に関しては褒めておいた。①特例法で細目を定め、速やかに譲位を行う、②ただし、1条でもいいので典範に追加項目を挿入し、「違憲の天皇」の疑いを回避する、③上皇の尊号を死守する。この3点、与野党ともに衆参両院議長のあっせんで歩み寄り、妥当な結論に至った。



 昨年8月8日の陛下のお言葉により譲位が実現したのであるから、東大憲法学の「天皇=ロボット説」はここに崩壊した。



 与野党ともによくやった! と褒めた後に、政府がやらかしてくれた。



 譲位された後の天皇陛下の尊号は上皇。当然である。なぜ正式名称の「太上天皇」ではなく、略称の「上皇」を正式名称にするのか意味がわからないが、歴史的に定着した名称であるので、これは許容範囲だ。



 しかし、譲位後の皇后陛下の尊号を「上皇后」とするとは、いかなる先例に基づいているのか。安倍内閣には歴史の専門家が一人もいないのか。



 先帝の皇后の尊号は、皇太后である。政府の有識者会議では、「未亡人の意味合いがある」との理由が採用されたとのことだが、曲学阿世とはこのことだ。誰に媚びているのか知らないが、皇室の歴史は公称2677年だ。たかが150年もない明治以降の歴史だけで語ってどうするのか。



◆安倍晋三が皇室に弓を引いた大悪人と並ぶ



 安倍内閣は「譲位を実現した内閣」として歴史に名を残すだろう。その際に、「上皇后」の新儀をなした政治家として名を成さしめようと忖度した木っ端役人や御用学者がいたのではないかと邪推したくなる。では、皇室の歴史に名を残した面々はどのような輩か。



・蘇我入鹿……専横の限りを尽くし、宮中で暗殺される。衝撃を受けた皇極(こうぎょく)天皇は、史上初の譲位。



・恵美押勝(えみのおしかつ)(藤原仲麻呂)……太政官を乾政官にするなど、官制を唐風に改称。日本を中国にしようとした男。



・道鏡……天皇になろうとした民間人。



・浅原八郎……皇居に乱入して天皇を殺そうとした武士。



・足利義満……法皇の尊号を贈られた民間人。



 いずれも皇室に弓を引いた大悪人たちである。皇室とは、昨日と同じ幸せな日本が明日も続くことの象徴なのだ。新儀など不吉に他ならない。だから、可能な限り先例を貴ぶのだ。



 自民党は、「モリ(森友学園)の次は、カケ(加計学園)だが、民進党がザルなので大丈夫」などと油断しきっている。私は、蓮舫のブロマイドでも神棚に飾って、毎日拝めと思うが……。



 しかし、まさか安倍晋三の名が、蘇我入鹿と並ぶ日が来るとは……。



 歴史への無知は、恐ろしい。



【倉山満】



1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。著者シリーズ累計35万部を突破したベストセラー『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』『嘘だらけの日露近現代史』『嘘だらけの日英近現代史』『嘘だらけの日仏近現代史』のほか、保守入門シリーズ『保守の心得』『帝国憲法の真実』など。2017年6月、待望の新刊『日本一やさしい天皇の講座』を上梓