小池新党は都政を変えるか? 100万ユーザーの政治サイトを主宰、“人を巻き込む力”は群を抜いている――武蔵野市・鈴木邦和候補

小池新党は都政を変えるか? 100万ユーザーの政治サイトを主宰、“人を巻き込む力”は群を抜いている――武蔵野市・鈴木邦和候補


6月23日告示の東京都議会議員選挙(以下、東京都議選。7月2日投開票)。最大の焦点は、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」が、自民党に代わり第一党となるかどうか。が、今回のように政局の要素が強い選挙では、時として、候補者個々の資質や人となりを見ず、政党のみを見て投票する流れもできやすい。事前予想で優勢とされている「小池新党」の各候補者は、政治家としてどんなビジョンを持っているのか――その素顔に迫ってみる。



【短期集中ルポ「小池新党は都政を変えられるのか?」~第1回/武蔵野市・鈴木邦和候補】~



◆“地域目線”の公約をアピール



 6月10日の午後12時30分過。JR武蔵境駅前に立ち並ぶ街路樹をバックに、ライトグリーンの薄手のジャケットを羽織った東京都知事・小池百合子が、ゆるやかな拍手に包まれながら、選挙カーの上に登った。



 車上の看板には「都民ファーストの会」という文字とロゴが掲げられている。緑字に白抜きのデザインは、同党の代表を務める小池が政界デビュー時に所属していた日本新党の党旗と同じだ。



 自民党を敵に回しての出馬だったにも関わらず、無党派層の支持を得て約291万票を獲得し、女性初の東京都知事が誕生した2016年7月の都知事選から1年余がたったが、小池人気は健在のようで、演説が始まると駅前の人口密度は急激に高まった。筆者の目視でも、少なくとも600名以上が詰め掛けるなか、小池の演説が始まった。



「あの都知事選が、東京大改革の第1ページであったならば、今回、6月23日から始まります都議選は、第2ページと、新しいページを開くことになります」



 聴衆のあいだをボランティアスタッフたちが動き回り、「かなり混み合ってきまして、できましたら前へお進みきださいませ」と呼びかけていた。



 人が密集するにつれて蒸し暑くなり、汗がにじみ出た。隣で演説に耳を傾けていた60代の男性に声をかけると、「今回の選挙は政局になってしまっているからね。候補者本人を見て、地域のために働いてくれる人を選ぶべきだから、本当はよくない」と話してくれた。



 小池の演説の最中、一定のスピードで頷きながら首を左右に動かし、聴衆に目線を配っていた都民ファーストの会の新人候補者である鈴木邦和(28)に、その声が聞こえたはずはないのだが、マイクを握ると“地域目線”の公約をアピールした。



「武蔵野市の上水道の本管の耐震化率は、わずか2.9パーセントです。都政のバックアップを受けて、地震に強い上水路を作ります」



⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1349409



◆小池人気にぶら下がってられない



 午後13時過ぎに街頭演説が終わったあとで、JR吉祥寺駅近くの雑貨ビルに入居する、鈴木の選挙事務所を訪ねた。出迎えてくれた鈴木は、まだ昼食も食べていないという。事務所ビルに隣接するモスバーガーで話を聞いた。



 一足先に注文を終え、2階のテーブルで待っていると、ほどなくして鈴木が颯爽と階段を登って来た。「自分、大食いなんで」と屈託なく笑う鈴木のトレーには、エビカツバーガー、とびきりチーズバーガー、そしてモスチキンが並んでいた。武蔵境駅前での街頭演説の盛況ぶりをよそに、鈴木は静かに口を開いた。



「今日の演説会は、三鷹や吉祥寺の駅前でやった時より多かったですね。選挙カーの上から数えると、1000人はいたと思います。とはいえ、あまり小池人気にぶら下がっているわけにはいきません。武蔵野市の皆さんは、『お前は何がしたいのか』と候補者本人を見ている。きちんと市と都庁を繋げる役割を果たさなければいけません」



 鈴木の危機感はもっともだ。都議選における武蔵野市の定数は1つだけ。これを、自民党の現職の島崎義司(51)、民進党の元職の松下玲子(46)、そして鈴木が争う構図だ。公明党が都民ファーストと選挙協力をしており、自民の島崎は公明票が期待できない。



 そのため、鈴木が一歩リードしているとの報道も出ている。しかし、「武蔵野は共産、生活、民進が一体で、引き剥がしは難しい」(市政関係者)といわれるなか、共産党は候補者擁立を見送り、民進の松下の支持を決定するなど、予断を許さない状況だ。武蔵野は菅直人元首相のお膝元ということもあり、民進としても“絶対に負けられない戦い”だ。



 政局的な側面が強いからこそ、最終的な決め手になるのは、地域に役立つ政策や人物としての魅力といった、候補者本人に依拠する要素の可能性が高い。それをどう発信していくのか。「選挙で会えるのはせいぜい5000人程度。実際に会えない人にどうアプローチするかは常に考えています。選挙カーをガラス張りにしたのも、そのためです」(鈴木)



◆政治を志す原点となった復興支援



 平成元年(1989年)に神奈川県に生まれた鈴木は、エンジニアの父親の仕事の関係で、関東地方を転々としながら育った。武蔵野市は父親が生まれ育った土地だ。



 県立前橋高等学校時代は将棋に熱中し、全国大会に3度出場した。東京大学に入学したのも、最強と謳われる東大将棋部への入部が目的だったが、あまりのレベルの高さに挫折を味わった。



「自分は挫折してしまいましたが、東大将棋部の人たちは、将棋に傾ける情熱がすごかった。自分の尊敬するエジソンも、空を飛ぶことに情熱を傾け続けた。そういう生き方をしたいですね」



 その後、2011年に東日本大震災の復興支援団体「UT-Aid」を創設。本人曰く「お金はあるけど時間のない社会人と、お金はないけど時間のある学生を繋げる取り組み」で、東大出身の社会人から寄付を募り、それを元手に学生などが格安で被災地に行ける仕組みを作り、のべ2000名以上のボランティアスタッフを被災地に送った。



 被災地で見たがれきの山や、復興の過程で生まれた不要な建物、そして、昼間からパチンコ屋に通う一部の被災者の姿を見て、行政の役割の大きさと問題点を感じたことが、政治に関心を持った原点だという。



 2012年に、日本政治報道株式会社を起業し、有権者と政治家のコミュニケーションギャップを埋めるメディア「日本政治.com」を立ち上げた。100万人以上が利用するサイトに成長させ、マスメディアにも取り上げられたが、会社経営には苦労もあったようだ。



「ITを駆使した効果的な民意の吸い上げを実現しようとしましたが、自治体などに営業にいっても、前例がないと受け入れてもらえない。僕らのサービスは、20代から30代のユーザーが多く、選挙に行かない若い世代を、政策ベースで選挙に行かせようという、新しい有権者を掘り起こす活動だったため、反発を招いたのかもしれません」



◆たった一人で解説した「東京の論点50」



 1年前の鈴木には、自分が政治家になるつもりは全くなかった。1年生議員になっても、何もできないだろう、という印象を持っていたからだ。しかし、2016年7月に小池百合子都知事が誕生して以降、その考えは変わったという。



「自分がとくに共感したのは、議会側から情報公開を促進して、有権者に伝えるという小池知事のやり方です。それも、ただ情報公開するのではなく、わかりやすく伝えることを重視する。これは、自分が『日本政治.com』でやっていたことと同じ発想です。自分のアイディアを実現できるのではないか、と思いました」



 鈴木の想いは、小池百合子東京都知事が塾長を務める「希望の塾」に入塾し、“同志”が増えるなかでより強くなった。希望の塾では、塾生による自主的な活動も行われており、鈴木自身も「東京の論点50」という勉強会を主宰した。



 勉強会は、議員報酬、待機児童問題、そして、これから迎える人口減少など、東京都の抱える50の問題を、鈴木が一人で解説していくという内容で、2016年12月から2017年3月にかけて、都内の貸し会議室で月2~3回のペースで全10回行われた。参加費は場所代だけで、毎回50~70名ほどの参加者がいた。



「単純に嬉しかったんですよ。小池知事がきっかけで、政治に関心を持ってくれる人がこれだけいることが。こうした活動がきっかけで希望の塾で色々な人に出会ったんです。いま、鈴木邦和を応援するボランティアというような、フェイスブックのグループに100名ほどのメンバーがいるのですが、その多くは希望の塾で出会った人です」



◆選挙戦を支える「希望の塾」出身者



 公示日が近づき、街頭活動も本格化してきている。鈴木は「誰に支えられて選挙戦を戦ったが、その後の議員生活を決める」ということをつくづく実感するという。



 その正確な意味は定かではないが、議員にとって、最初に顔が思い浮かぶ人たちは、選挙を支えてくれた人であり、その人たちのことを念頭におかずに政治活動を進めていくことは、ほとんど不可能だということか。



「ほかの方は、業界団体だったりするのかもれませんが、自分の場合は、希望の塾で出会った純粋に都政を変えたい、というメンバーです。最近は地域の方も手伝ってくださり、ポスターもすでに400枚が捌けていますが、これは組織を持たない新人候補としては異例の数字のようです」



 選対スタッフとして鈴木を支える人々の顔ぶれは多彩だ。事務局長を務めるのは、鈴木の学生時代の後輩で25歳の若手だという一方で、国会議員秘書を長年にわたり務めた熟練のスタッフもいる。



「いま自分の右腕的存在として助けてもらっているボランティアのスタッフさんと出会えたのも希望の塾です。その方は、国会議員秘書を8年間務めた政治のプロです。彼も、都議選に立候補したいという想いは持っていて、選考では悔しい想いをしたのでしょうが、自分をサポートしてくれています。彼がいなければ、自分はこんなに動けていません」



 インタビューの最後に、鈴木が有権者にいま一番伝えたいことは何か、と聞いてみた。



「今回の選挙は都政を変えるまたとないチャンスですと、伝えたいですね。自分は冷戦が崩壊し、失われた20年のなかで育ってきました。イデオロギー対立よりも、これからの世代が暮らしやすい社会をつくるという志向が強い。都民ファーストの会のメンバーとそういう政治を実現していきたいです」



◆「人を巻き込む力」と「推進力」が強み



 インタビューが終わった14時過ぎに、鈴木の事務所に再びお邪魔すると、20代の男性スタッフと女性スタッフが、作業をしていた。壁には武蔵野市全図の地図が掲げれていた。



 ユニークなのが、出入り口のドアに貼られた「クニカズくんのお出かけ時チェック」というチェックリストだ。「上着もちましたか?」「歩きながらの飲食はやめましょう!」など、その内容は、まるで母親の小言のようだ。



 本人は「いやあ、キレイごとじゃなくて、みんなに助けられているですよ」と笑うが、事務所でのやりとりを見ても、一体感があり、スタッフに支えられている様子が伝わってきた。



 鈴木と同じような新人候補で、ここまで組織をゼロから作り、固められている候補は他にいないのではないか。東大時代のボランティア団体設立から、日本政治報道株式会社の起業、希望の塾での自主勉強会の立ち上げに至るまで、鈴木の群を抜いた「人を巻き込む力」と「推進力」は、政治家向きといる。



⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1349414



 ただ一方で、鈴木自身が述べているように、「武蔵野市の皆さんは、『お前は何がしたいのか』と候補者本人を見ている」とすれば、「わかりやすさ」や「情報公開」というおきまりのフレーズや、「水道管の耐震補強」や「満員電車の解消」といった施策の提示だけでは物足りない。



 便利さや、安全性、快適さを求めた対処療法はもちろん重要だが、それよりも一歩ふみこんだ、将来的なコミュニティづくりや街づくりの指針など、ある種の本源的な理念に基づくメッセージが求めらている。武蔵野市と東京都の将来的なグランドデザインを描ける言葉を、今後の鈴木には期待したい。



〈取材・文/河野 嘉誠〉