シミと何が違うの?今さら聞けない「そばかす」のアレコレ、教えます

シミと何が違うの?今さら聞けない「そばかす」のアレコレ、教えます

「シミ」と「ソバカス」の違いって何?

一見同じように見えるシミとソバカス。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。大きな違いとしては、ソバカスの多くは遺伝性、シミの多くは後天性ということがあげられます。共通点は、引き金となるのはどちらもメラニンだということです。

ソバカスは通称で、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。斑点の大きさは通常のシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴。顔以外の部位にも出現します。

ソバカスは紫外線を浴びることで濃くなる性質があり、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。多くが遺伝性なのでセルフケアでの解決は難しく、クリニックなどでの治療が必要です。しかし、ソバカスを今以上に濃くしないためのケアを行うことはできます。

ソバカス&シミの3大ケア教えます

ソバカスにも後天性タイプがある!

子供の頃にソバカスができなかったから、大人になってソバカスができる心配はないと安心していませんか?実は、ソバカスには後天的に発生するタイプもあるのです。子供の頃にできるソバカスと違い、後天的なソバカスは消えにくいといわれています。

ソバカスは、活性酸素の発生が発端になってできてしまいます。活性酸素とは、体を酸化させ、錆びや老化の原因とされているもの。この活性酸素が増えすぎると、自分の細胞を傷つけてしまったり、酸化させてしまったりします。

ソバカスは一般的に、紫外線によるもの、肌によくないスキンケア・洗顔、肌に合わない化粧品の使用、過度のストレス、ビタミン・ミネラル不足、睡眠不足などが原因だといわれています。では、どういう過程でソバカスはできるのでしょうか。

ソバカスを作るメラノサイトとは

クリニックならどんな治療で解消できるの?

ソバカスのクリニックの治療には、さまざまな方法があります。大きく分けると、「レーザーや光による治療」「外用薬による治療」「内服薬による治療」の3種類があり、組み合わせて効果を高める処置を行うクリニックも多く存在します。

さまざまな治療方法がありますが、実際に施術を受ける際には、クリニックの医師と相談し、自分の肌に合った治療法を選ぶようにしましょう。以下のリンク先で、詳しい治療法が解説されています。

クリニックでのソバカス治療法5つ

あきらめないで相談してみて

いかがでしたでしょうか?ソバカスは遺伝だから消えないとあきらめていた方も、クリニックで治療するという方法や予防法には注目ですね。他にも、スキンケア大学ではさまざまな美容情報を掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

「スキンケア大学」をチェック!