手軽に栄養補給できちゃう!青汁のススメ

手軽に栄養補給できちゃう!青汁のススメ美容と健康の為に、何か気をつけて食べているものや、飲んでいるものはありますか?
1日分の野菜を必ず食べるようにしたり、摂取できない分を、野菜ジュースで取り入れたりしている方も多いですよね。
しかし、さらに効果を上げたり、手軽にぐいっと栄養補給出来る青汁はどうでしょうか。
苦いというイメージを持たれている方は、あまり好まないかもしれませんが、青汁には隠されたパワーがたくさんあります。
飲みやすい青汁や、青汁を飽きずに続けられるポイントを紹介していきます。

野菜ジュースと青汁はどちらの方が栄養価が高い?




 





 



飲みやすいのは野菜ジュースと言われる方が多いでしょう。



しかし、飲むことによって栄養価が高く、体にとって良い効果を与えるのはどちらの方が良いのでしょうか。



原材料をそのまま使用している青汁は、カロリーや糖分も低く体に必要な栄養素が多く盛り込まれています。



野菜ジュースの方は、飲みやすさがある分、フルーツなどとミックスされていたりしますので、カロリーや糖質は青汁より高くなります。



 



また、原材料そのまま使用している青汁よりは食物繊維が加工の段階で少なくなっている可能性はあります。



飲みやすさやフルーツを一緒に摂りたいと思う方は、野菜ジュース。



飲みにくくても、栄養価を重視される方は青汁の方が野菜ジュースより高い効果を体で感じられるでしょう。



 



飲みやすい青汁はあるの?




 





 



毎日頑張って飲み続けるとなると、やっぱりきになる「飲みにくさ」ですよね。



少しでも飲みやすい青汁はないのでしょうか。



 



健康に関する食事や運動も継続が大きく良い変化を与えます。



継続のために、飲みやすい青汁を探してみましょう。



好みにもよりますが、飲みやすいのはフルーツや黒糖、蜂蜜などのフレーバーがついたものです。



 



ケールや、明日葉など青汁の原料となっている食材にもそれぞれ特徴があります。



ケールは、少し青臭さがあり野菜っぽさが強いです。



生野菜などを食べるのが苦手な方は、続けるのが苦痛になるかもしれません。



 



反対に、コーヒーやお茶などをよく摂取している方は、その苦味が飲みやすいと感じることもあるでしょう。



野菜が苦手な方は、青臭さの少ない大麦若葉などがオススメです。



 



青汁をアレンジして摂取する方法




 





 



青汁をアレンジして、毎日飽きずに飲めるようにしたいですよね。



 



青汁とヨーグルト



青汁とレモン牛乳



青汁パンケーキ



青汁リゾット



青汁パン



青汁スープ



 



など、有名レシピ検索サイトに掲載されています。



ナチュラルな飲み方に飽きた方は、チャレンジしてみてはどうでしょうか。



 



 



青汁、飲んでみようという気持ちになりましたか?



飽きてきたり、どうしても続かない時はアレンジレシピに切り替えて、食べる形で取り入れても良いですよね。



なかなか苦いと感じてしまうと「毎日飲むぞ!」と、気が進まないかもしれませんが、慣れれば飲みやすい甘さのあるものも最近多く見られます。



お肌にも健康にも効果的な青汁。



ぜひ、今日から始めてみましょう♪