高杉真宙、サーフィンはしなくても「夏を感じる人になりたい」

高杉真宙、サーフィンはしなくても「夏を感じる人になりたい」

7月17日、注目の若手俳優・高杉真宙が映画「トリガール!」の完成披露試写会に、土屋太鳳、間宮祥太朗、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督と共に登壇した。


同作で、土屋演じる理系大学生のヒロイン・ゆきなに一目ぼれされるイケメン王子キャラの先輩・高橋圭を演じる高杉は「思ったよりすごく圧倒されている感じがします。ちょっと緊張しているんですけど、よろしくお願いします」と、緊張気味にあいさつ。


ゆきなや坂場(間宮)らが所属する人力飛行サークル「TBT」で総勢100人近くの部員をまとめる部長という役の大変さについて、司会者から質問が。


高杉は「そうなんですよね。実は僕、部長なんですよ~。でも、部長っぽいことを劇中であんまりやっていなくて(笑)。だからまとめているっていう感覚がなくて、何かエラそうにしている人物っていうだけなんです。その高橋圭は。むしろ、まとめていると言えば、古沢(矢本)さんなんですよ。ずっと(顎が)しゃくれてまとめていたので」と、控えめに振り返る。


本作は、矢本が「まともに、台本のせりふ一言も言ってないっすからね。ほんとに!」というほどアドリブが飛び交う“油断ならない”現場だったそう。しかし、高杉は「僕はそんなにアドリブが多い役ではないので…」と、真っ向からこれを否定。


すると、隣で聞いていた矢本は「いやいやいや、俺の好感度やばいぞ!」と突っかかり、観客は爆笑。それに対してもクールに「いえ、自分はそういう役柄だったので(笑)。矢本さんはそれはそれでキャラクターとして成り立っていたので」とフォローする。


しかし、矢本は「不真面目な俳優って思われちゃうよ。それに擁護されても、おまえだけ(好感度が)上がっていくぞ」と語り、再び会場は笑いに包まれた。


1年前の撮影を振り返るコーナーで、「ラストの大会のシーンではっちゃけていた」という話になり、高杉も「そうですね。ずっと叫んでいましたね」と懐古する。


土屋からも「(叫び方が)すごかったね~!」と言われると「でも、実際はCGなので、ずっと見えていなくて。僕は何も(景色が)見えずに叫んでいたんですよ」と裏側を明かす。 


続けて「楽しかったですね。ずっと叫んでいたので。ただ、アフレコシーンはあのテンションに持って行くのは大変でした」と意外な苦労も。


そして、「この夏頑張っちゃうこと」宣言では、「今年の夏は、夏を感じていきたいと思います」というふわっとした宣言を行い、司会者から「具体的には?」と早々にツッコミが。


すると、高杉は「夏っていうと、クーラーしか出てこないんですよ。涼しい部屋というか。なので、しっかり外に出て、夏らしいことをしたり、夏祭りに行くとか、行くかは分からないんですけど、“サーフィン”とか…」と意外なワードをこぼすと、間宮を筆頭に一同から「絶対行かないでしょ! 絶対しないわ~!」と総ツッコミを受けていた。


これには高杉もたじたじになり「はい。挑戦しよう…いや、やめときます(笑)。夏祭りにします。SNSにも全力で(写真を)上げて生きたいです。夏を感じる人になりたいです」と、言い直していた。


さらに、間宮から昨年、高杉と土屋と3人でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ったことが明かされ、「今年はみんなで行けるといいね」と誘いを受けると、高杉はちゃっかり「それで僕のも(達成)できますね」と乗っかる。


すかさず間宮から「いや、おまえサーフィンやれや~!」といじられ、矢本からも「自分の実力でやって! 人任せ過ぎるよ夏!」と立て続けにツッコミが。


これには高杉もシュンとしながら「全部便乗していこうって思って(笑)。…駄目ですね」と苦笑し、最後までほほ笑ましいコメントで会場を沸かせていた。