古き良き日本、金沢の見どころをまるっと紹介☆


      古き良き日本、金沢の見どころをまるっと紹介☆

近年、観光地として人気急上昇中の金沢。茶屋街に美術館に市場に、はずせない見どころがいっぱい!短期間で要所も、おすすめスポットも漏れなくまわりたいという人にぜひとも知ってほしい、金沢の見どころを紹介します♪


金沢駅



金沢に到着したらまずお目にかかるのがコレ、「鼓門(つづみもん)」。

駅にあるただのオブジェとしてではなく、これだけでも立派な観光名所なんです!

鼓門は金沢の伝統芸能である能の鼓をモチーフとしていて、金沢の新しいシンボルとして親しまれています。


ちなみに筆者は10時ごろ到着しましたが、すでにたくさんの観光客がいたため、なかなか納得のいく写真を撮ることが出来ませんでした…。

人があまり映っていないベストショットを狙うなら、朝早めの時間に到着することをおすすめします!


【金沢駅】

住所:石川県金沢市木ノ新保町1-1


近江町市場


pixta.jp


金沢を訪れたら、ぜひとも立ち寄ってもらいたいのが「近江町市場(おうみちょういちば)」。

金沢駅、兼六園、21世紀美術館、東山と金沢観光の要所から徒歩15分圏内なのが嬉しい♪


新鮮な魚介類や美味しいお酒、果物までそろっているこの市場。

歩きながら食べられるものも多く、つい食べ過ぎちゃいます♡


【近江町市場】

住所:石川県金沢市上近江町50

電話番号: 076-231-1462


詳しくはこちら


近江町市場寿し



「近江町市場」で筆者が特におすすめしたいのは、「近江町市場寿し」ののどぐろ!

金沢へきたら、のどぐろははずせませんよね?

「近江町市場寿し」では、お手頃な値段であの高級魚のどぐろをいただくことが出来るんです♡

脂ののった新鮮なのどぐろは、ほっぺが落ちそうなほど。

生はもちろん、炙り、軍艦もあるので、ぜひ食べ比べてみてください♪



「近江町市場寿し」では、のどぐろだけでなく他の魚も新鮮でどれも絶品☆

お手頃な値段で、新鮮でおいしいお寿司を食べられる機会はなかなかない!

おなかいっぱい食べちゃいましょう♡


【近江町市場寿し】

住所:石川県金沢市下近江町28-1 近江町市場

電話番号:076-261-9330


ひがし茶屋街



「ひがし茶屋街(ちゃやがい)」は重要伝統的建造物群保護地区で、明治初期に建てられた茶屋様式の町屋が多く残っています。

せっかく金沢に来たんです、古き良き日本を心行くまで満喫しましょう♪


ひがし茶屋街、というより、金沢では着物や浴衣を着て観光する女性がたくさん!

写真にも映え、タイムスリップしたかのような気分も味わえるのでおすすめです♡


箔一 東山店



ひがし茶屋街で立ち寄っておきたいのは、「箔一(はくいち)」。

「箔一」では、金沢の特産品のひとつである金箔を使った工芸品やあぶらとり紙、化粧品など様々なものを販売しています。高級なものからリーズナブルなものまで、お土産を買うにはぴったりのお店♪



そんな「箔一」で大人気なのは、「金箔ソフト」!

その名の通り、金箔が飾られたソフトクリームです。

金箔が付いているだけあって、普通のソフトクリームよりは値が張りますが、その見た目はとても美しいので購入する価値あり◎

SNSに投稿する人が多く、フォトジェニックなスイーツとしても広く知られています☆


なんと2017年8月1日から27日までは、東京銀座でも金箔ソフトを食べることが出来るんです!

食べたいけど金沢まで行くのは遠い…と思っているあなた!この機会に食べてみては?


【箔一 東山店】

住所:石川県金沢市東山 1-15-4

電話番号:076-253-0891


詳しくはこちら


金澤ひがし 菓舗 Kazu Nakashima



明治14年創業の和菓子の老舗「中島」の4代目が作った和菓子を購入し、イートインも可能な「金澤ひがし 菓舗 Kazu Nakashima」。

「生きている和菓子」をテーマに商品を作っているそう。

こちらのお店には、季節のお菓子や和菓子の定番いちご大福だけでなく、オレンジ大福まであるんです!

オレンジが丸々1個くるまれているので、なかなかな大きさ。

食べごたえばっちりです☆


【金澤ひがし 菓舗 Kazu Nakashima】

住所:石川県金沢市東山1-7-6 1F

電話番号:076-252-5280


吉はし菓子所



「吉はし」は、上生菓子で有名なお店。しかも、滅多に口にすることが出来ないんだとか…。

その理由は、駅やデパートなどでは販売していないうえに、店頭販売もないから。さらに電話で注文をして引き取りに行くという対面販売のみなんです!

「吉はし」の和菓子を食べたい方は旅行前に要予約!


予約せずに金沢へ来ちゃった、でもなんでもいいから「吉はし」の和菓子が食べたい!という人に朗報です◎

「豆半」は、「吉はし」の3代目が立ち上げた予約なしで店頭購入できるブランド。

「豆半」で販売されている和菓子は日持ちもよく、リーズナブルなのでお土産にもぴったり♡

特に、どら焼きは150円という安さでしっとり、上品な甘さが嬉しい絶品です!筆者イチオシ☆


【吉はし菓子所】

住所:石川県金沢市東山2-2-2

電話番号:076-252-2634


能加万菜 THE SHOP 東山



「能加万菜(のうかばんざい) THE SHOP 東山」は、九谷焼や山中漆器、輪島塗など金沢の伝統工芸の中から、デザイン性の高い作家さんたちの作品ばかりを集めたセレクトショップ。

若い作家さんのものも多いので、カラフルで可愛らしい九谷焼の食器がたくさん!

焼き物は渋すぎると思っている人にも、ぜひ立ち寄ってほしいお店です♡


【能加万歳 THE SHOP 東山】

住所:石川県金沢市東山1丁目15-13

電話番号:076-213-5600


詳しくはこちら


金沢21世紀美術館



金沢一フォトジェニックなスポットと言っても過言ではない「金沢21世紀美術館」で一際人気なのが、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。

プールと言ってもただのプールではない!



なんと濡れることなく入れちゃうんです!

なんとも不思議な空間…

いま、この不思議な感覚をSNSで拡散する人がとても増えているんです。

インスタグラムなどで見たことある人も多いはず。



「スイミング・プール」だけでなく、こちらの「ラビットチェア」。

うさぎの形をした椅子がたまらなくかわいい♡

乙女心をくすぐられますね。




「金沢21世紀美術館」にはまだまだ見どころがたくさん!

いろんなアートに触れて、刺激を受けちゃいましょう♪


【金沢21世紀美術館】

住所:石川県金沢市広坂1-2-1

電話番号:076-220-2800 (代表)


詳しくはこちら


これからの季節は紅葉も!


pixta.jp


金沢の紅葉といえば、文化財指定庭園 特別名勝である「兼六園(けんろくえん)」。

日本の四季を強く感じられる庭園で、特に紅葉は格別☆

池に映る赤や黄色に染まった木々や、橋や灯篭と一緒に見る木々を見ていると、「日本人でよかった」と再認識させられます…。


pixta.jp


普段目を向けることの少ない、足元や頭上を見上げてみると、また違った様子の紅葉を楽しむことが出来そうですね♪


【兼六園】

住所:石川県金沢市丸の内1番1号

電話番号:076-234-3800


詳しくはこちら


短期間でも金沢満喫☆


いかがでしたでしょうか。

金沢には見どころがいっぱいありすぎて、全部行きたくなっちゃいますよね!

でも滞在期間の関係で行けないところも出てきたり…せっかくの旅行だし、しっかり満喫したいはず。

ぜひこの記事を参考にして金沢の見どころを味わい尽くしてください♪