瑛太『ハロー張りネズミ』、ヒロイン・深田恭子が“消えた”!? 視聴率4%台落ちで「打ち切り圏内」

瑛太『ハロー張りネズミ』、ヒロイン・深田恭子が“消えた”!? 視聴率4%台落ちで「打ち切り圏内」

 今クール、ドラマファンの間で高評価を得ている、瑛太主演『ハロー張りネズミ』(TBS系/金曜午後10時~)の視聴率が右肩下がりに下落し、第4話(8月4日放送)にして、打ち切り圏内といわれる“5%割れ”を記録してしまった。


 同ドラマは、初回10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタ台でスタートしたものの、第2話で7.6%と急降下。第3話では6.6%と、さらに数字を下げ、第4話では4.8%まで落としたのだ。


 同ドラマの原作は、漫画家・弘兼憲史の同名作品。脚本・演出は、映画『モテキ』『バクマン。』、ドラマ『まほろ駅前番外地』(テレビ東京系)などの大根仁が担当し、演技派の瑛太が主演するとあって、今期の話題作の1つだった。


 ストーリーは、誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、「あかつか探偵事務所」の一風変わった探偵“ハリネズミ”こと七瀬五郎(瑛太)と、その仲間たちが、ときに人情味あふれた哀しい事件を、またあるときには想像を超えた難事件に挑んでいくというもの。


 五郎とコンビを組む木暮久昨(V6・森田剛)、所長・風かほる(山口智子)も、視聴者からは「いい味を出している」と高評価。依頼者を経て、事務所スタッフとなったミステリアスなヒロイン・四俵蘭子(深田恭子)も、このドラマには欠かせないメンバーといわれている。


 第4話は、前後編の前編となっており、人気漫画家・北村アキコ(内田慈)から、娘の七恵(後藤由依良)と2人暮らしの家の中に、「ほかの誰かがいる気配がするので調査してほしい」という依頼が舞い込む。五郎は北村の自宅にカメラを設置し、娘の様子を監視すると、七恵が誰かと話をしている様子が映し出された。その後、次々と起こる怪奇現象に、どう対処してよいか困った五郎は、ジャーナリスト・南(リリー・フランキー)に相談し、河合節子(蒼井優)という霊媒師を紹介してもらう……という“ホラー展開”だった。


 ところが、蒼井の出演こそあったものの、ヒロインであるはずの深田の登場シーンは、ほぼゼロ。脇役であれば、回によって出番がないこともあるが、深田の立場はあくまでも“2番手”であり、出演シーンがないとなると異常事態といえるだろう。


 視聴率急降下の要因の全てが、深田の出番が激減したためとは考えにくいが、さすがにヒロインの出演シーンが、これだけ少ないのは問題。展開上、後編の第5話も、深田の登場シーンは少ないことが予想される。深田ファンが、視聴をボイコットすれば、次回もまた“5%割れ”する可能性があるかもしれない。

(田中七男)