ムダづかいが減る? 家計簿をつける必要性とつけなくていい人の特徴

ムダづかいが減る? 家計簿をつける必要性とつけなくていい人の特徴

みなさんは家計簿をつけていますか? 過去につけたことはあるけれど、続かずにやめてしまったという人はけっこう多いのではないでしょうか。



『公益財団法人 家計経済研究所』が2012年~2015年に30~50代夫婦を対象に行った“家計簿の記帳状況”調査によると、「一度もつけたことがない」と答えた人は妻が共働き世帯の場合14%、専業主婦世帯の場合は11%という結果が出ています。



この結果から、家計簿を今まで一度もつけたことがないという人は少ない ことがわかります。



では、家計簿をつけている人は何のためにつけているのでしょうか? また、家計簿をつけていない人はなぜつけていないのでしょうか? それぞれの理由について、家計簿をつけている人といない人、両方からお話を聞いてみました。



その結果、家計簿をつけたほうがいい人とつけなくてもいい人の特徴が見えてきました。



●家計簿をつけている理由は?



まずは、家計簿をつけているという人からお話を聞きました。



『結婚してから家計の管理を任されるようになったので、毎日の習慣としてつけ続けています。面倒くさいと思うこともありますが、だんだん簡略化していっているので、今はもう慣れました。Excelで管理するようになって、だいぶラクになりましたよ。家計簿をつけていると毎月の収支が明確になるので、何にお金を使いすぎたかも一目瞭然 。今月は外食をしすぎたから来月は引き締めようとか、そういった調整もできるので貯蓄もしっかりできます』(40代女性/専業主婦・家計簿歴14年)



『共働きなのになぜかお金が貯まらなくて、何にお金を使っているのか把握するために約1年前から家計簿をつけ始めました。アプリでつけているので、そんなに大変ではありません。家計簿をつけ始めて、ようやくそれぞれの無駄遣いが判明し、お互いにお金の使い方が変わりました 。最初は赤字なんて月もあったけど、今は順調に貯金ができています』(30代女性/会社員・家計簿歴1年)



「毎月の収支を把握するため」という理由が多いようです。



何にいくら使っているのかざっくりでも把握しておくと、無駄遣いも見えてきます。その無駄遣いを改善することでお金が貯まるようになるということですね。



これは、家計簿をつける意味がしっかり家計に反映されているパターンです。



しかし、中には『赤字家計を改善しようとして家計簿をつけてはいますが、全然変わりません』(20代女性/専業主婦・家計簿歴7か月)という人も。



家計簿をつける最大の目的は「無駄遣いを可視化して改善していくこと」。ただつければいいというわけではなく、無駄遣いの見える化ができるような家計簿のつけ方をする必要があるようです。



●家計簿をつけていない理由は?



次に、家計簿をつけていない人にお話を聞きました。



『家計簿をつけていなくても、自動積立で毎月きちんと貯金ができている からです。夫婦で財布が別なので、詳細な収支はわかりませんが、お互いに自動積立で給与から毎月決まった額が貯蓄に回ります。給与から貯蓄分と生活費を引いて、残った分はそれぞれ自由に使っていますが、それで生活が回らなくなったことはないので、いいかなと』(30代女性/会社員)



『つけていたこともありましたが、面倒くさくなってしまってやめました 。家計簿をつけていてもつけていなくても、あまり変わらないし、時間のムダのような気がして……』(30代女性/パート)



『毎月の収支は特に変わらないので、いちいち家計簿をつける意味はない と思い、つけていません』(40代女性/パート)



家計簿をつけなくてもきちんと貯金できているから必要ないという人と、家計簿をつけてもつけなくても変わらないと思うからつけていないという人に分かれるようです。



単純に「面倒だから」という理由だけの人も多いでしょう。



●家計簿をつけたほうがいい人とつけなくていい人の特徴



それぞれの理由から見えてきた家計簿をつけたほうがいい人の特徴としては、



・毎月の収支が把握できていない人

・赤字の原因を突き止めたい人

・無駄遣いを可視化して改善したい人

・毎月の収支に大きな差がある人

・家族で収支を共有してお金の使い方を改めていきたい人



などが挙げられそうです。これらの傾向がある人は、家計簿をつけることで家計が健全になり、貯蓄も増えるようになるでしょう。



家計簿をつけているにも関わらず、一向に家計が改善されず貯蓄も増えないという場合は、家計簿のつけ方を改めてみるか、ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家に相談してみるのも手です。



一方、家計簿をつけなくてもいい人の特徴は、



・毎月の収支が把握できている人

・貯蓄がしっかりできている人

・収入が高くて無駄遣いをしない人



などでしょうか。家計簿をつけることの最終的な目的は無駄遣いを減らして貯蓄を増やすこと ですから、貯蓄がしっかりできている人であれば家計簿をつける必要はないと言えるでしょう。



そうでない人は、やはり家計簿をつけてお金の流れを把握する必要があります。



過去に家計簿をつけて三日坊主だった人は、簡単に家計簿がつけられるアプリも出ているので、そういったものを利用してみてはいかがでしょうか。



【参考リンク】

・「消費生活に関するパネル調査」について(第23回調査結果)3.30~50代夫婦の貯蓄習慣 | 公益財団法人 家計経済研究所(PDF)(http://www.kakeiken.or.jp/jp/jpsc/pressrelease/p23/p23_3.pdf)



●文/パピマミ編集部

●モデル/倉本麻貴(和くん)