吉野七宝実&寺口智香、生放送でローションまみれの過激ショット連発! 

吉野七宝実&寺口智香、生放送でローションまみれの過激ショット連発! 

 11日配信のネットバラエティ『千鳥のラブホテル探訪 第5弾』(AbemaTV)で、グラビアアイドルの吉野七宝実(よしの・しほみ/26)と寺口智香(てらぐち・ちか/27)が濃厚なセクシーショットを連発した。



 千鳥の大悟(37)とノブ(37)が最新ラブホテルを訪れ、その魅力を生中継で伝える同番組。千鳥と共にお色気要員的に女性ゲストが出演し、ライブ配信のために思わぬセクシーハプニングが起こる不定期バラエティだ。



 今回、千鳥のふたりは川崎のラブホへ。さっそくゲストの吉野と寺口と合流し、チェックインする。吉野と寺口は冒頭からテンション高く、部屋に入るなりベッドの上に乗って大はしゃぎ。私服ファッションだったふたりは、自分たちから「脱がし合いっこしよ」と水着になることを提案した。



 すると、吉野が寺口のシャツを脱がせた際に、ビキニのブラがズレて下乳が見えてしまう。さらに、寺口が吉野のズボンを脱がせると、半ケツ状態のお尻がカメラに映り込むなど、次々にセクシーなハプニングが発生する。これには大悟も「いいね~」と大喜びで、ノブも「ホント、キレイやね~」と鼻の下を伸ばしていた。



 その後も吉野が大悟と一緒に布団に入ってコチョコチョし合ったり、目隠しをされた寺口が電マをカラダに当てられるなど、刺激的なシーンが続く。自称「ハイパーパイパン」の吉野は、この番組でも下半身のキレイさをアピールしまくり、Twitterにパンチラ画像を頻繁にアップすることから「パンモロの女王」と呼ばれる寺口も、ムチムチの太ももやお尻をカメラの前で見せつけた。



 これだけでもかなり過激な内容だが、2軒目のラブホでお酒を飲んだ一行は、さらにヒートアップ。部屋にある大人のおもちゃを手に取りながらのトーク中、寺口の目の色が変わることに。寺口はメイド喫茶でドSな「女王様メイド」として働いていたことがあり、アダルトグッズを手にしたことで昔を思い出したようだ。



 女王様になりきった寺口は、首輪をハメた吉野を風呂場へ連れて行き、いきなりローションをかける。そのまま吉野のお尻をローションまみれにしてぺちぺち叩き、さらに「マッサージしてあげる」と、ヌルヌルの裏太ももを揉みまくる。



 最初のうちは受け身だった吉野だが、彼女もS気質なのか、いつの間にか攻守交替。吉野も寺口にローションをぶっかけ、四つん這いにさせて「お尻ペンペン」したり、水着の中に手を入れて生乳を揉んだりと、エロ過激さでは負けていなかった。



 全身ヌルヌルになったふたりは、その後も相手の胸や太ももに顔をうずめるなどし、大いにロケを盛り上げた。最終的には、ふたりともビキニのブラを外し、乳首と乳首をつき合わせるように抱き合い、離れたくとも離れられない状態になるのだった。



 地上波では考えられない姿を見せたふたりにはネット上の視聴者も、「刺激強すぎ」「エロすぎて困る」「たまらんシーンの連続だ」などと大興奮。番組史上最高となる30万以上の視聴者数を記録し、千鳥も大喜びすることになった。



 『千鳥のラブホテル探訪』は不定期配信だが、吉野と寺口はAbemaTVが誇るお色気バラエティ『妄想マンデー』と『ピーチゃんねる』の広報大使「ミス妄ピー」で、両番組でもキワどい姿を見せまくっている。吉野や寺口らによって、ネットバラエティはますます盛り上がることになりそうだ。