『Fate/Apocrypha』第7話より先行場面カット到着

『Fate/Apocrypha』第7話より先行場面カット到着 スマートフォン用RPG『Fate/Grand Order』(『FGO』)が話題の『Fate』シリーズ。同作のシナリオ担当のひとりである東出祐一郎氏が手掛けた『Fate/Apocrypha(フェイト/アポクリファ)』(以下、本作)のTVアニメが、2017年7月よりTOKYO MX・BS11ほかで放送中!




http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1502521867 (【『Fate/Apocrypha』第7話より先行場面カット到着】の写真付き記事はこちら)


 “赤”と“黒”総勢14騎のサーヴァントが繰り広げる、外典の聖杯戦争を描く本作。その第7話「自由の在処」の先行場面カットとあらすじが到着したので、ご紹介しましょう!!

 

第7話 自由の在処

脚本:三輪清宗

絵コンテ:浅井義之

演出:長山延好

総作画監督:須藤智子

作画監督:斉藤千恵・竹内 忠・吉田美和


 未だ姿を見せない黒のアサシンを追って、黒のアーチャーと共にシギショアラを訪れたマスター・フィオレは、同じく黒のアサシンを追う赤のセイバーのマスター・獅子劫と衝突。両者の闘いは白熱し獅子劫の弾丸がフィオレへ迫る。しかし、窮地に立たされた彼女のもとへ駆けつけたのは―。一方、ルーラーと別れたジークは己の為すべきことが見えず葛藤する。


(C)東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC