連覇目指すチェルシー、バーンリーに敗れ波乱の幕開け…主将ケーヒル&セスクが退場

連覇目指すチェルシー、バーンリーに敗れ波乱の幕開け…主将ケーヒル&セスクが退場 プレミアリーグ開幕戦が12日に行われ、チェルシーとバーンリーが対戦した。



 連覇を狙うチェルシーだが、エデン・アザールやペドロが負傷中。さらにヴィクター・モーゼスが出場停止と苦しい台所事情で開幕戦を迎えた。セサル・アスピリクエタを右ウイングバックに配置し、3バックの一角に新加入のアントニオ・リュディガーを起用した。対するバーンリーは最前線にサム・ヴォークスが入る4-5-1の布陣で臨む。



 開始早々の14分、今シーズンからキャプテンを務めるガリー・ケーヒルがスティーヴン・ドフールに対する危険なタックルで一発退場に。残り約80分を10人で戦うことになった。



 すると24分、右サイドでボールを持ったマシュー・ロートンのクロスをヴォークスがボレーで合わせてゴールイン。アウェイのバーンリーが先制に成功する。続く39分には左サイドを上がってきたスティーヴン・ウォードが強烈なシュートを突き刺し追加点。さらに43分にはドフールのクロスをヴォークスが頭で合わせて、前半だけで3得点を奪う。



 後半に入り58分、追いかけるチェルシーはバチュアイを下げて新戦力のアルバロ・モラタを投入する。すると69分、ウィリアンのクロスにモラタが頭で合わせ、まずは1点を返す。モラタはプレミアリーグデビュー戦で初得点を記録した。



 追い上げムードが漂うも、80分にセスク・ファブレガスがこの日2枚目の警告を受けて退場に。9人となってしまう。それでも88分、アスピリクエタのフィードをモラタが頭でそらすと、最後はダヴィド・ルイスが押し込んで再び1点差に。



 試合は2-3で終了。昨シーズンの王者チェルシーがプレミアリーグでここまで負けなしだったバーンリーを相手に3失点を喫し、開幕戦を落とした。



 次節、チェルシーはアウェイでトッテナムと、バーンリーはホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦する。



【スコア】

チェルシー 2-3 バーンリー



【得点者】

0-1 24分 サム・ヴォークス(バーンリー)

0-2 39分 スティーヴン・ウォード(バーンリー)

0-3 43分 サム・ヴォークス(バーンリー)

1-3 69分 アルバロ・モラタ(チェルシー)

2-3 88分 ダヴィド・ルイス(チェルシー)