ヤセ体質GET!「開脚ストレッチ」でカチコチ肩腰も“やわらかボディ”に…

ヤセ体質GET!「開脚ストレッチ」でカチコチ肩腰も“やわらかボディ”に…


 アナタのカラダは柔らかい方ですか?



「首・肩・腰がカチカチでコリもひどい(涙)」とか「昔は柔らかかったけど、今は……」なんて人も多いのでは。前屈や開脚等々、ベターっとできるようになってみたいモノですよね。



 カラダを柔らかくするコトで、なんとダイエット効果やムクミ・冷え等の女性特有の悩みの解消もあるらしいんですよ。



 そこで筆者が通っているストレッチアップ西麻布店の松井店長に、ベターっと前屈や開脚ができるようになる、効果的な簡単ストレッチを教えてもらいました。



◆肩コリ・腰痛に前屈ストレッチ




「ストレッチとはそもそも筋肉を柔らかくして、柔軟性を上げ、関節の可動域を広げる目的です。必ず痩せると言い切るコトはできませんが、代謝が上がるので痩せやすい体質になります



 前屈は背中の筋肉を使うので、肩コリ・腰痛にも効きますよ。」(松井店長)



 なんて良いコト尽くし! すぐにでも始めたいですね。



「知らない人も多いと思いますが、横隔膜の筋肉は前屈するのに、とても大事なんです。



 お腹の筋肉が硬くなると身体が丸くなります。縮んで硬くなった横隔膜を伸ばす事で正しい姿勢を取りやすなり、正しく身体を倒す事が出来るようになるので、前屈がしやすくなるんです。」



===================



【横隔膜の筋肉のストレッチ】



1.背筋を伸ばして真っ直ぐ立ちます。



2.手を肋骨の下あたりに添えて、大きく息を吸います。



3.息を吐きながら、添えた手の親指以外の指を、肋骨の内側に手を入れるように押し込み、横隔膜の筋肉を刺激します。



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=739255



4.3の動きを3呼吸分を1セットとして、肋骨の中心部(みぞおちの横あたり)から、サイドにかけて3箇所に分けて1セットずつ実施します。



===================



 なんだか、少し地味で不思議な動きなのですが、コレが1番効くらしいです。キチンとやると、その直後に前屈の距離が伸びていてビックリしますよ!



 もう1つは脚の裏の筋肉を伸ばすストレッチです。



===================



【脚の裏側の筋肉のストレッチ】



1.背筋を伸ばして真っ直ぐ立ちます。



2.背筋を伸ばしたまま上半身を前に倒します。(手で足の付根を押しながら)



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=739247



3.脚の裏の筋肉が伸びているコトを感じたら、痛気持ち良い位のところで10~15秒キープ。



 コレを3セット実施します。



===================



 いずれも少しのスペースがあればできるので、仕事の合間の気分転換にでもやってみてくださいね♪



◆ムクミや冷え、生理痛に開脚ストレッチ




『ベターっと開脚』の本が大ヒットし、話題になりましたが、“誰でもできる”と謳(うた)っているものの、毎日欠かさずストレッチをしないといけないので、なかなかハードルは高いですよね。



「正直、固い人にとっては、前屈よりも開脚の方がハードルは高いと思います。でも股関節を柔らかくするコトで、女性特有のムクミ・冷え、生理痛の緩和にもなると言われています。5分でも良いので、毎日するコトは大事ですね。」



 そこで、寝る前のくつろぐ時間にサクッとできるストレッチを教えてもらいました。



===================



【脚の筋肉のストレッチ】



1.骨盤を立てて、脚を広げて背筋を伸ばして座ります。(背中を壁につけるとやりやすいです)



2.片足を曲げて手を組み、背筋を伸ばしたまま、前に倒していきます。



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=739243



3.伸ばした方の脚の筋肉が伸びているコトを感じながら、痛気持ち良い位のところで10~15秒キープ。コレを左右3セットずつ実施します。



===================



 続いては、太ももの内側の内転筋のストレッチです!



===================



【内転筋(太ももの内側)のストレッチ】



1.骨盤を立てて、足の裏を合わせて背筋を伸ばして座ります。(背中を壁につけるとやりやすいです)



2.背筋を伸ばしたまま、前に倒していきます。



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=739246



3.内転筋(太ももの内側)が伸びているコトを感じながら、痛気持ち良い位のところで10~15秒キープ。コレを3セットずつ実施します。



(※筆者は股関節だけは柔らかいので、写真ではかなり前に倒れていますが、無理はしないでくださいね)



===================



 開脚ストレッチについては会社でするのは難しそうですが、夜寝る前にスキンケアをしてテレビを観ながら等々、“ながらストレッチ”がオススメです。



 ちなみにですが、無理をし過ぎると、筋肉を痛めてしまい、かえってストレッチができなくなってしまうコトにもなりかねないので、くれぐれも無理はしないでくださいね



 実は、筆者は早く開脚ができるようになりたくて、頑張り過ぎて脚の筋肉を痛めてしまい、しばらくストレッチできない期間がありました。そしてまた、ゼロスタートに……トホホ。



取材協力・・・松井駿希 ストレッチアップ西麻布店店長/ストレッチトレーナー



アップルスポーツカレッジ卒業。高校野球部トレーナー・接骨院での現場経験を経てストレッチトレーナーへ。



■健康・体力づくり事業財団認定 健康運動実践指導者



■日本ストレッチング協会 CSTP(ストレッチングトレーナーパートナー)



<TEXT/ミフル>