甘ったれた学生を武井壮がピシャリ!「素晴らしい」「名言だ」と絶賛の声

甘ったれた学生を武井壮がピシャリ!「素晴らしい」「名言だ」と絶賛の声

2017年8月には陸上の世界選手権で、男子4×100mの日本代表が銅メダルを獲得。







野球やサッカー、ゴルフやテニスなど、世界レベルで活躍する日本人アスリートは多くいます。



しかし、こういったトップレベルのアスリートになれる選手は、ほんのひと握り。多くの選手は、夢半ばで挫折し、別の人生を歩んで行きます。



学生時代は「自分はトップレベルの選手になれる」と信じて疑わなかった選手が、勉強をおろそかにしていたことで、その後の人生で苦労をしたという話も珍しくありません。



それでも、胸を張ってこう宣言する学生がいます。




「スポーツで食べて行くから、学校の勉強なんてどうでもいい」




これは真実なのでしょうか。



タレントでありながら、マスターズの世界大会に出場するなど、アスリートとしての評価も高い武井壮(@sosotakei)さん。2017年8月13日、こういった学生に対するメッセージをTwitterに投稿し、多くの共感を集めています。



強い表現ではありますが、武井さんの熱い思いが伝わってくるメッセージを、ぜひご覧ください。















武井さんは、まず「学校の勉強で勝てないような人間はスポーツでも勝てない」といい切ります。



しかし、「スポーツのために勉強をしろ」という意味ではありません。



『勉強』も『スポーツ』もしなくていいものではなく、やればやるだけ人生を歩んで行く上での武器になると語ります。



そして、その武器は『性格』や『身なり』、『家族』や『人間関係』、『特殊技能』や『経歴・学歴』など、多岐に渡り、それらの総合点で「人生が決まるのだ」と断言しました。



つまり、「スポーツで勝負したい」と考えている学生は「スポーツだけをやっていればいい」というわけではないということを伝えたのです。



最後に「足りないものがあるなら学生のうちに磨きなさい」というメッセージを添えた武井さんの投稿に、称賛の声が殺到します。





スゴくよく分かります。もちろん、強要するということではなく、学生が自主的に勉強もスポーツもできるように導いてあげるのが親や教師の役目だと思っています。


スポーツで学んだことが会社員になって役に立っています。忍耐力や精神力、協調性なんかも。当時は「何の役にも立たない」と思っていたけど。


学生のうちにしか学べないことがいっぱいある。何にでも首を突っ込んで、積極的に学ぶ姿勢を持ってほしいものです。





コメントにもあったように、武井さんは「スポーツでトップレベルの選手になる」という学生に、勉強やそのほかのことを強要しているわけではありません。



勉強をすることが、競技能力を高めることにつながる可能性もある…それが「やればやるだけ人生のプラスになる武器になる」の真意なのでしょう。



スポーツでうまく行かなかった時のために勉強しておいたほうがいいよ…そんな言葉をかけられるよりも、何十倍も「勉強をしよう」と思える武井さんの言葉。多くの学生の心に届くことを願わずにはいられません。




[文・構成/grape編集部]