ももクロ × 増子直純「ダサいけどクセになる、80年代アイドルソングとは?」

ももクロ × 増子直純「ダサいけどクセになる、80年代アイドルソングとは?」



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。

2017年8月13日(日)の放送では、「子供はわかってくれない? お父さん世代のツボ学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。

先生は、ロックバンド 怒髪天のボーカル・増子直純さん。

自身がコレクターであるソフビ紹介や、80年代アイドルソングの解説など、お父さん世代を代表して”お父さん世代のツボ”!について教えていただきました。

(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2017年8月13日放送より)



──“アイドル黄金期! 80年代アイドルソング!”

80年代アイドルをリアルタイムで体験してきた増子さん。

実は……80年代アイドルソングを紐解いていくと、作詞作曲、音の作りなど、トップクリエイターたちが携わっていることから、洋楽的な要素が入っていたり、音楽的な基盤がしっかりしているそうなんです。怒髪天ではアイドルソングのカバーもしているんです。





増子先生: 80年代は俺が中学・高校の頃かな? この頃のアイドルは特別だよね、当時のトップクリエイターの人たちが作ってるから曲が抜群にいい!

さらに、ルックスね。当時の芸能界の人って、超・選ばれし者だったからね。







れに:あーりんも、80年代のアイドルさん好きだもんね。



あーりん:ママ、パパどっちも好きで、小さい頃は車の中で80年代アイドルが流れてたり、メンバーの中では好きな方だと思います!







清野:増子さんが、特に”すごい!”と思う、80年代アイドルソングを選んでいただいております。





松田聖子の「夏の扉」〜♪





増子先生:この曲を俺らはカバーしたの、ギターで音符追ってやってみると分かるんだけどすごい洋楽なんですよ。



あーりん:「聖子ー!」って呼びたくなる(笑)。







増子先生:しかも、当時の松田聖子親衛隊の柄の悪さったらないよ? ものすごい改造したバイクと車で、護衛でみんな一緒に移動するっていうね。



れに:なんでなんですか?



増子先生:全然分かんない!(笑)

フォークとかロックをやっていた方がトップクリエイターになって、それを歌謡曲に落とし込んでくるっていうことをだんだんやり始めた時期で、すごく斬新で、常に新しいのが歌謡曲だった。



あーりん:いま聴いても古い感じしないし、新鮮な気持ちで聴けるもんね。









中森明菜の「1/2の神話」〜♪





増子先生:聖子ちゃんと比べて「明と暗」じゃないけど、不良少女のナイーブな気持ちを歌詞にしているのが、みんなたまらんくてね。



清野:ポイントとしてはどこですか?



増子先生:曲はもちろんだけど、やっぱり歌詞だよね! ”アイドルに影がある”っていうのが、今まではなかったから。

山口百恵さんがこの前にあったけど、ひとつ別格だったからね。

可愛い女の子が(歌詞の)「いいかげんにして」なんて言わないからね(笑)。



あーりん:なるほど~~。



増子先生:80年代のアイドルの良さって、”絶対おっさんが書いてるな! 17歳、こんなこと言わねーよ”っていう、裏が透けて見えるのも楽しいんだよね(笑)。





”衝撃のアイドルソング!”



清野:ここで、先生からクイズを出題していただきましょう、お願いします。



増子先生:80年代アイドルソング、最も衝撃を受けた曲が別にあります。

次のうちどれでしょうか?



1 松本伊代「センチメンタル・ジャーニー」

2 スターボー「ハートブレイク太陽族」

3 おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」



清野:では、回答をお願いします!



れに:私は3番! 題名も衝撃だなって、すごいなと思った記憶があるのでこれにしました!







あーりん:私は、松本伊代さんの「センチメンタル・ジャーニー」!

私も真似させていただいてて、全部のソロ曲に歌詞の中に年齢を入れてるんですよ。

20歳を機に年齢を変えないことにしたんですけど(笑)、その時を思い出すというか、”アイドルは歳をとらない!”みたいな感じがするので(笑)。



清野:それでは先生、正解をお願いします!



増子先生:1番と3番も衝撃だったんですけど、正解は2番のスターボー「ハートブレイク太陽族」!

最初は宇宙から来た、”宇宙三銃士”という設定だったんですよ。

しかも、男性か女性かわからないっていうね、歌い方も男っぽく歌ってるの。



あーりん:確かに! 低いですよね。



増子先生:キャラ設定も歌い方も無理があるっていうね、次のシングルから路線変更して普通に戻ってる(笑)。

曲がYMOの細野さん、松本隆さんの歌詞で、松田聖子さんと同じ組み合わせで作曲してるんですよ。

ちょっと張り切りすぎたかなっていうね、当時出てきた時に全員ひっくり返ったっていう”嘘だろ!? ダサすぎる!”っていう(笑)。



れに:確かに、衣装もすごい個性的ですよね(笑)。







増子先生:”これ、大丈夫か?”っていうところからの、大丈夫じゃなかった(笑)。



れに:でも、これクセになる! もう一回聴きたくなる(笑)。



清野:ということで、本日のハピクロアカデミーは「子供はわかってくれない?お父さん世代のツボ学」

講師の先生は、ロックバンドのボーカル・増子直純さんでした!



あーりん・れに:先生、今日は本当にありがとうございました!



増子先生:ありがとうございました!













----------------------------------------------------

< b>【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】

聴取期限 2017年8月21日 AM 4:59 まで



スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。

----------------------------------------------------





〈番組概要〉

番組名:「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」

放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット

放送日時:毎週日曜 16:00~16:55

パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹

番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/