ベタなのが一番喜ばれるかも!?彼女にしてほしい”愛情表現”4つ

ベタなのが一番喜ばれるかも!?彼女にしてほしい”愛情表現”4つ

彼氏ができると「ギュッと抱きしめてほしいな」「ロマンチックな場所でキスされたいな」なんて妄想したりするものですよね。

好きな人からなにかしらの愛情表現をされると誰でも喜ぶもの。

これは男性も同じで、彼女に「○○してほしいな」とひそかに思っているものです。



そこで今回は、男性が彼女にやってほしい愛情表現についてまとめました。



●(1)言葉でストレートに気持ちを伝える



『「好き」ってストレートに言われるのが一番嬉しいです』(28歳/広告)



付き合っている期間が長くなると言葉での愛情表現は徐々に減っていくものです。

言葉がなくてもわかり合える関係になるのはカップルとして決して悪いことではありませんが、そこに味気なさを感じてしまう男性もいるようです。

そのため、たまには彼女から「好きだよ」「愛してる」と言われたいなと思っている男性は思いのほかいるものです。



言葉で伝える恥ずかしさはあるかもしれませんが、勇気を出して「好き」と伝えると男性は喜んでくれるはず。

どうしても恥ずかしい場合は、「かっこいい」「すごい」と褒めてあげるのもいいかもしれません。



●(2)抱きついて甘える



『ベタですけどハグは最高ですよね。たくさん甘えられたい』(31歳/営業)



スキンシップをする場合、男性からアクションを起こすことがほとんどだと思います。

しかし男性もたまには、彼女からスキンシップをして欲しいなと思っているものです。

特に男性は、女性から抱きつかれると嬉しく感じるようです。



体が密着することで母性を感じて安心するのかもしれません。

また抱きついたあとに甘えるような仕草 を見せれば、さらに喜ぶこと間違いなしです。

スキンシップも愛情表現の一つなので、恥ずかしがらずにやってあげてくださいね。



●(3)彼氏を立てる



『自分のことを立ててくれるとすごく嬉しい。味方でいてくれてるのが伝わる』(26歳/アパレル)



男性は彼女に自分のことを立ててほしいと思っています。

たとえば、友だちや同僚に紹介する時にちょっと褒めたり、一緒に歩く時に半歩後ろを歩いてみたり。

さりげないことでも男性は愛情表現の一つとして捉えてくれるようです。



最近は男女平等の世の中になって女性が男性を立てることが少なくなっているため、新鮮に感じる部分もあるのかもしれません。

ちょっとしたことでも彼氏を立てて自尊心を満たしてあげれば、いい関係が持続できるはずですよ。



●(4)料理を作る



『彼女の手料理はあこがれです』(30歳/企画)



料理を作ってもらうことも男性が彼女にしてもらいたいことの一つです。

自分のことを考えながら手間をかけて作ってくれることに愛情を感じて嬉しくなるようです。

特に、一人暮らしの男性の場合、外食やコンビニ弁当での食事が多くなっているため、余計に喜ばれます。



なにかの記念日や彼氏が疲れている時に手料理を作ってあげると、彼氏に喜ばれるだけでなく、彼女としての評価も上がるはずですよ。



----------



いかがでしたか?

男性は彼女から本当に愛されているのか意外と気にしているものです。

毎日とは言いませんが、たまに愛情表現をして彼氏を安心させてあげてくださいね。



そうすれば、ラブラブな関係が続いていくはずですよ。



(文/恋愛jp編集部)