夏休みの宿題にも! 簡単キレイな“染め紙”の作り方とコツ

夏休みの宿題にも! 簡単キレイな“染め紙”の作り方とコツ

子どもたちは夏休み真っ只中! 楽しい半面、悩ましいのが宿題ですよね。



特にこの時期の小学生ママたちは、自由研究や自由工作のネタ探しに困っていませんか?



今回は、夏にピッタリの制作「折り染め 」を紹介します。



この折り染め、鮮やかな色でどこか涼しげ、見ているだけでもキレイ。出来上がった作品はいろいろな工作の材料としても使うことができるため、自由研究にも使えちゃう。まさに、夏のお楽しみにはもってこいなんです。



身近な材料だけで簡単にできちゃうのも嬉しいところ。悩めるママたち、どうぞ参考にしてくださいね!



●用意するもの



・和紙(障子紙や半紙)

・絵の具(水彩絵の具、ポスターカラー)

・紙皿または紙コップ



作るときに使うのは、たったこれだけ。



もしも周りを汚したくないなら、新聞紙を用意して作業スペースに敷き詰めるといいでしょう。



また、染めたあとの和紙は洗濯物干しハンガーに吊るす とサッと乾いて便利です。



●染め紙の手順とうまく作るコツ



(1)紙コップに水を入れ、絵の具を溶かす。



(2)半紙を小さく折りたたむ。小さな子どもが行うなら、くしゃくしゃと丸めるだけでもOK



(3)折りたたんだ半紙の角を絵の具に浸し、染めていく。



(4)全ての角に色を付けたら、半紙をそっと広げる。



(5)風通しの良い場所に置き、完全に乾くまで待てば完成♪



和紙を広げ、そこに思わぬ模様ができているのを見た瞬間の子どもたちの表情は、喜びと驚きでいっぱい!



ママがサポートすれば、2〜3歳の小さな子でも楽しむことができる簡単な制作ですが、うまく作るにはちょっとしたコツがあるようです。



『色数は少ないほうが、シンプルできれいに作れます。いつも私たちが制作で行うときは、赤・青・黄の3色 くらいしか用意しません。たったそれだけでも、みんな違うパターンの作品ができますよ』(30代女性/保育士)



確かに、子どもは準備の段階から楽しくなってしまい、あれこれたくさんの色の水をこしらえてしまいそうですよね。



色数はあくまで少なめに。そのかわり、紙の折り方や色水の濃度を変えていくことで、さまざまな表情の作品を作ることができるそうです。



『和紙は、障子紙 があればベストです。水に強く、濡れても破れにくいので失敗を防げますよ。しっかりした厚みもあるので、染めた後に切ったり貼ったりするのも断然ラクですね』(40代女性/幼児教室講師)



色水に浸けたあと、いざ紙を開こうとしてビリッといってしまうこともよくあるんですよね。



強度のある障子紙を使えば、そんな失敗も防げます。最近では100円ショップでも売っているので、材料探しのときにはチェックしてみてください。



もちろん、障子紙がないときは習字用半紙でOKです。半紙は障子紙よりもヨレやすいので、ピンとよく伸ばしてから干すといいでしょう。



『本格的な染め紙では、専用の染め粉を使います。でも、家庭で行うときは普通の水彩絵の具やポスターカラーで大丈夫。画材による差はあまりないので、手近にあるものを使ってしまいましょう(笑)』(30代男性/幼児教室講師)



大型の画材店に行くと、染め紙用の染め粉セットを売っていることもあります。ただ、お値段はちょっぴり高めなんですよね。さらに、染め粉で作った色水は服につくと落ちないため子どもと楽しむには厄介なシロモノ。



普通の絵の具でいいなら、気軽にチャレンジできますね。お子さんが学校で使っている絵の具セットをちょっぴり拝借してもいいかもしれません。



●できた染め紙でこんなものが作れる!



美しく染まった紙、見ているだけはもったいない! 一手間加えると、立派な作品に変身するんですよ。



例えば、レースペーパーのように飾り切りをし、黒い紙に貼り付けると……夜空に浮かぶ花火のできあがり。



アサガオやアジサイの形に切って、ペーパークラフトを作ってもいいでしょう。鮮やかな色を活かすためには、背景をシンプルにまとめるのがコツですよ。



また、手作りうちわの材料 にしても素敵。うちわの骨組みは、家電量販店のプリンター用品コーナーや100円ショップで手に入れることができます。



アイディアしだいで無限に楽しめるのが、折り染めの魅力なんですね。



----------



小さなお子さんから小学生まで、幅広く楽しめる折り染め。ぜひたくさん作って、お気に入りの1枚を残してくださいね!



●文/パピマミ編集部

●モデル/REIKO(SORAくん、UTAくん)