先生の表情をチェック! 幼稚園選びの失敗談と見極めるポイント3選

先生の表情をチェック! 幼稚園選びの失敗談と見極めるポイント3選

こんにちは、ママライターのましゅままです。



幼稚園選びは、一度迷いだしてしまうとなかなか決められませんよね。



子どもにとって初めての集団生活で、小学校に入るための準備期間である幼稚園は、妥協したくないもの。



しかし、完璧な幼稚園はなかなかなく、どこも一長一短あり、入園させてから「失敗したなあ……」と嘆いているママもチラホラ。



今回は、幼稚園選びの失敗談と良い幼稚園の特徴をご紹介します。



●幼稚園選びの失敗談



『のびのび系の幼稚園、とだけ聞いて自由に遊ばせてくれるのをイメージして、あとは近いからという理由だけで選びました。しかし、実際はのびのび系というよりただの放任保育で、先生の人数も少なくて全く目が行き届いていない。そのくせお金ばかりかかる園でした』(20代/男の子ママ)



自由保育を中心とした幼稚園でのびのび遊ばせたい! と願うママも少なくないですが、まれに“のびのび系”とうたっておいて実際は事務の片手間に保育をし、子どもたちに全く寄り添わず、目も行き届いていないという状況の園もありますので、見学では十分保育の様子を見ておきましょう。



また、大した教育もないのにお金ばかりかかる園は、子どもたちの為ではなく私利私欲のための運営をしていることがある ので要注意。



『園の方針やかわいい制服にひかれて入園を決めましたが、親御さんの雰囲気がお上品な綺麗なママばかりで、自分には合わなくて浮いてしまいます。全く馴染めず、バスの待ち時間が本当に苦痛です。また、園長が宗教者で、その宗教に親も誘われるシステムになっていて、それを断るのがほんとに大変です……』(30代/女の子ママ)



通わせている園児やママの雰囲気が自分たちに合っているかどうかも見極めポイント。幼稚園の説明会の際は、園はもちろんまわりの保護者の様子 を見ておきましょう。



モラルのある保護者が揃っているか、過剰なセレブママばかりでないか、がチェックポイント。



幼稚園はカトリックや仏教など信仰がある園が多いですが、その宗教を親にまで押し付けている様子がないかも要確認。



『充実したカリキュラムがいいなあと思って選んだ幼稚園でしたが、逆に充実し過ぎてなんだかゆとりがなく、のんびりした性格のうちの子どもに負担をかけているようです。また、距離よりも教育を優先させて遠い幼稚園を選んだのですが、今年から下の子も通っておりバス代が2人分だと結構費用がかさむので、送り迎えをしています。



片道20〜30分はかかります。毎日のことなので、この送り迎えが負担になっています。2人通わせるときのことを考えたら、近くて通いやすい園にしておけば良かったかなと後悔してます』(30代/女の子2児のママ)



カリキュラムが充実した園は魅力的ですが、充実し過ぎて負担に感じるお子さんもいるので、子どもの特性に合っている園を選ぶようにしましょう。



また、きょうだいがいて、2歳差や年子の場合、同時に通わせるときのことや上の子が小学校に上がってからの生活 も想定して園を選ぶようにしましょう。



園によってきょうだい割引があるところとないところがあるので、要チェックです。



●良い幼稚園とは



●(1)経営重視ではなく子ども重視で運営している



マンモス幼稚園で先生の数が少ない園や、親に対する宣伝文句が多い園は要注意。



子ども視点で運営されている園は、保護者の機嫌を取るようなことはせず、一貫して子どもに適した教育 をさせようとしてくれます。



●(2)先生と園児両方が、生き生きとした表情で過ごしている



園児と先生が生き生きとした表情で遊んでいるかどうか、見てみましょう。園児と先生が見学者と会い、あいさつできるかどうかも要チェックです。



また、先生同士の人間関係が悪いと先生の表情も冴えません。特に若い先生の表情 を見てみてください。



●(3)園長自らも子どもたちと接しているか



余裕があれば、園長の様子も見てみてください。



園長室でくつろいでいるばかりでなく、園庭や園舎に出て子どもたちの様子をきちんと見ているか、子どもたちが園長にも懐いているか 、がチェックポイントです。



●大前提として、子どもの性格や特性に合っているかどうか



大前提として、子どもの性格や特性に合っている幼稚園かどうかが大切です。



とはいえ、まだまだ子ども自身で幼稚園を選ぶことは難しいので、さまざまな要因を踏まえて、最後はママの第六感で縁のある幼稚園を選びましょう。



そして、今回は失敗談をご紹介しましたが、入園させたらこの幼稚園が一番! とし、後ろは振り返らないようにしましょう。



●ライター/ましゅまま(ママライター)

●モデル/藤本順子(風悟くん)