中居正広主演ドラマを書いた北川悦吏子 「愛が強すぎて」周囲が呆れた過去

中居正広主演ドラマを書いた北川悦吏子 「愛が強すぎて」周囲が呆れた過去

北川は「佐藤健くんは、どうしてもどうしても出て欲しくて、頼み込んで拝み倒して…」キャストに決まったと明かしており、「必ず素敵な律くんになると、信じています」というほど見込んでいる。そんな流れでこれまでに脚本を手掛けたドラマを振り返るなか、中居正広と常盤貴子がダブル主演したTBS系列金曜ドラマ『最後の恋』(1997年)を思い出す。


「中居くんを書いたときは、愛が強すぎて、とにかく、私が書いたのの次の主演ドラマの初回の数字を気にします」と当時を振り返る北川悦吏子。自分の作品の評判より先に中居が『最後の恋』に出たことで人気が高くなったかを、次の主演ドラマの初回視聴率で確認するのだ。そんな話を熱く語って周囲から「北川さん、凄いっすね。役者愛」と呆れられたという。


彼女は『最後の恋』の次に中居正広が主演した連続ドラマの初回視聴率が良くてホッとしたことを覚えており、「今思うと、気にしすぎだよ、と、あの頃の私に言ってあげたいです」とつぶやいた。当時ほどではないだろうが朝ドラ『半分、青い。』のキャスト陣にも「愛が強く」なりそうである。


画像は『北川悦吏子 2017年6月21日付Twitter「昨日、来春、私の書く朝ドラ「半分、青い。」のヒロインさんが発表になりまして、多くの方におめでとうを、いただきました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)