『君の膵臓をたべたい』の装画などを手がけたloundrawさん、初の個展「夜明けより前の君へ」をレポート

『君の膵臓をたべたい』の装画などを手がけたloundrawさん、初の個展「夜明けより前の君へ」をレポート渋谷のギャラリー・ルデコにて、9月5日~9月17日までの期間、『君の膵臓をたべたい』の装画や、TVアニメ『月がきれい』のキャラクターデザインを務めたイラストレーター・loundrawさんによる初の個展「夜明けより前の君へ」が開催されています。




http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504665894 (【『君の膵臓をたべたい』の装画などを手がけたloundrawさん、初の個展「夜明けより前の君へ」をレポート】の写真付き記事はこちら)


個展では、デビューから今に至るまでのイラストを計40点ほど展示。また、大学の卒業制作としてひとりで作り上げたオリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』の小説などの販売も行われています。さらに、これまでloundrawさんとゆかりのある方が登壇するトークイベントや、ライヴドローイングも実施されます。



そして、個展を開催されているloundrawさんご本人からこの個展に懸ける思いをお聞きできたので、レポートとあわせて紹介していきます!

※展示されているイラストはすべて写真撮影禁止となっていますので、ご了承ください。



loundrawさんってどんな人?

loundrawさんは、18歳という若さで商業デビューを果たした、透明感のある色彩が魅力のイラストレーターです。



三木一馬さん(元電撃文庫編集長、現ストレートエッジ代表取締役)と兼ねてより親睦のあったloundrawさん。大学1年生のときに三木さんに声をかけられ、それから小説の装画を手がけるようになっていきました。



その中で、TVアニメ『月がきれい』キャラクターデザインや、アニメ化も決定した『君の膵臓をたべたい』装画、漫画『あおぞらとくもりぞら』での漫画執筆などを務め、THINKRさん(loundrawさんのマネジメントを行うクリエイティブプロダクション)に所属するなど躍進しています。



また、今年7月に監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画と制作のすべてを手がけたオリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』をYouTubeへアップロードし、その透き通るような映像には多くの人が魅了されました。







現在はアーティストグループ「CHRONICLE」で音楽活動をするなど、マルチで活躍中です。



計40点ほどあるイラストの配置を本人自らが監修

なんとこの個展は、パンフレットからレイアウトまでloundrawさん自らが監修しています。なにからなにまで本人で決められているだけに、展示されているイラストひとつひとつの配置にメッセージが込められているのではないかと感じるほどです。

中でも目を引いたのが、https://www.pixiv.net/user/772547/series/723 (pixiv)にて連載している三秋 縋先生原作『あおぞらとくもりぞら』の漫画原稿です。ところせましと壁に貼られている、その様子は圧巻の一言。

展示されているイラストはどれも息を呑むような、ずっと見ていても飽きないものばかりでした。loundrawさんが4年ものあいだ、描いてきたイラストの数々を、ぜひ足を運んでご覧になってください。



これまでの集大成でもあり、これからのスタートラインでもある

loundrawさんに個展の開催理由や、個展への思いなどをお聞きできたので、ご紹介します。



――今回の個展が開催に至るまでの経緯はどんな感じだったのでしょうか。



loundrawさん(以下、loundraw):主催に入っていただいている三木一馬さんと昔から親交がありまして、三木さんから「個展やってみたくはないかい?」と聞かれたんです。すぐに「ぜひお願いします」とお伝えしたことがきっかけですね。



――レイアウトのすべてをloundrawさんが監修しているとのことですが、どういった考えであのような配置に?







loundraw:フロアごとにコンセプトがありまして、6階は僕の代表作であろう作品を展示しています。



5階は映像作品の上映やトークイベントなどを行うこともあり、パーソナルな部分が伝わるような展示を目指しました。そのため、イラストも仕事を始めた当初のイラストを並べているんです。

4階は賑やかな雰囲気にしたかったので、いろいろな方向性の作品を詰め込んでいます。



――仕事をしていく中で、成長したと感じることがあると思います。これまでの仕事の中で一番成長したと感じたものはなんでしょうか。



loundraw:新しいチャレンジができたという意味では『月がきれい』のキャラクターデザインですね。キャラクターをどう背景に馴染ませるか考えて描くのは難しかったですし、そういった点で成長できたと思います。



――今後はどんなことをしてみたいですか。



loundraw:一人で完結できる領域からちょっと飛び出してみたいですね。一人ではなかなかできないことや新しいチャレンジができるものを、これからはどんどんやっていければと思ってます。



――今回の個展への思い、お聞かせください。



loundraw:この個展は、僕にとって集大成でもあり、スタートラインでもある場所だと感じています。また「夜明けより前の君へ」という個展のテーマには、“僕たちの夜はまだ明けてない”“未来はこれからだ”という意味が込められていますので、ぜひ個展を通じて未来に羽ばたく前向きなエネルギーを感じてほしいです。そして実際そのような気持ちを抱えている方々にも足を運んでいただけたら嬉しいです。



――ありがとうございました。







図録と小説はどちらも必見! 複製原画は本人からのサイン入り

会場では物販も行っており、loundrawさんのイラストを使用したグッズなどを販売しています。中でもloundrawさんがどういった人なのかが明らかになる図録は必見です!



『夢が覚めるまで』を書籍化した経緯や、創作活動を始めた当初のイラストなど、loundrawさんの歩んできた道を、この一冊で辿ることができます。



■クリアファイルセット

価格:1,500円(税込)



loundrawのイラストをあしらった、普段使いにも適したクリアファイルセット。3枚1セットでの販売となります。[全1種]



■ポストカードセット

価格:1,000円(税込)



この場所を訪れた思い出に、大切な誰かへの手紙に。loundrawのイラストを用いたポストカードセット。5枚で1セットです。[全1種]



■スマートフォンスタンド

価格:1,500円(税込)



loundrawのイラストをあしらった、アクリル製のスマートフォンスタンド。あなたの生活に、透明な空気を吹き込む。[全1種]



■loundraw直筆サイン入り複製原画(A4/A3 サイズ)

価格:A4 各12,000円(税込)

   A3 各25,000円(税込)



loundrawのイラストを、ご自宅で鑑賞できる複製原画。絵柄は3種類、サイズは手軽に飾りやすいA4サイズ(297×210㎜)と迫力のA3サイズ(420×297㎜)の2サイズを用意。

※会場限定の受注生産商品です。[全3種×2]



素材:アルミ、アクリル(額)/ 紙(複製原画)

※サンプルは会場でご覧いただけます。

※商品発送のため、別途送料が必要となります。



■手帳型スマートフォンケース

価格:4,000円(税込)



多様なサイズのスマートフォンに対応可能な、手帳型スマートフォンケースです。シールで接着するので、安定性も抜群。[全1種]



■アクリルキーホルダー

価格:700円(税込)



使い勝手のいい、ナチュラルなデザインのキーホルダー。カバンやスマートフォンなどお好きな場所に取り付けてください。[全1種]



■「夜明けより前の君へ」公式図録

価格:3,000円(税込)



loundrawの創作、その出発から現在までの軌跡を辿る1冊。彼の執筆したイラスト、発する言葉から、その素顔を明らかにする。[全1種]



■三秋縋書き下ろし小説「夢が覚めるまで」

価格:1,500円(税込)



loundrawが発表したアニメ映像『夢が覚めるまで』を、『あおぞらとくもりぞら』でタッグを組む作家・三秋縋が小説化。[全1種]



イベント情報

■loundraw × 三澤 紗千香(声優)

日時:2017.09.09 (sat) 13:00–14:00



■「夜明けより前の君へ」ライヴドローイング

日時:2017.09.09 (sat) 16:00–18:00



■loundraw × 古関 れん(ファッションモデル)

日時:2017.09.10 (sun) 13:00–14:00



■「夜明けより前の君へ」ライヴドローイング

日時:2017.09.10 (sun) 16:00–18:00



■「夜明けより前の君へ」ライヴドローイング

日時:2017.09.16 (sat) 13:00–15:00



■loundraw × 岸 誠二(アニメーション監督)

日時:2017.09.16 (sat) 17:00–18:00



■loundraw × 三木一馬(ストレートエッジ)× 石井 龍(THINKR/POPCONE)ほか

日時:2017.09.17 (sun) 15:00–16:00



[取材・文・写真/阿部アキラ]



「夜明けより前の君へ」概要

開催場所:ギャラリー・ルデコ 4F〜6F(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル)

開催期間:9月5日(火)〜9月17日(日)

開場時間:12時〜19時

入場料金:当日券800円



※入場は閉館の30分前までです。

※最終日9月17日のみ17時閉館となります。



>>http://yoakimi.loundraw.jp/ (原画展「夜明けより前の君へ」公式サイト)

>>https://twitter.com/yoakimi_0905 (原画展公式Twitter(@yoakimi_0905))

>>https://twitter.com/loundraw (loundraw Twitter(@loundraw))