「舞洲」に新たなグランピング施設が爆誕

「舞洲」に新たなグランピング施設が爆誕大阪市内では初のグランピング施設インターネットを使った旅行商品の企画販売、ホテル開発事業を手がけている株式会社ホワイト・ベアーファミリーが、2017年10月にグランピング施設「グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF」(以下パームガーデン舞洲)をオープンします。

JR大阪駅から車で40分程度で行ける「パームガーデン舞洲」は、旅館業法の「ホテル営業」の許可を取得しているグランピング施設。144席の日帰りBBQコーナーと、エアストリーム(キャンピングトレーラー)12台とトレーラーハウス18台を完備しています。

写真スポットとしても人気の大阪市の舞洲エリアで、季節によって変化するサンセットを楽しむことが可能です。

大阪ではここだけ!エアストリームでの宿泊体験「パームガーデン舞洲」の宿泊でぜひおすすめしたいのが、アメリカから直輸入しされた「エアストリーム」(定員2人から3人)

まるで宇宙船のような外観をもつ「エアストリーム」は車内にベッドと寝具一式、シャワー、トイレ、エアコン、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、貸出WiFiを完備。

ウッドデッキ、テーブル、イス、BBQグリルが完備されているので、防寒具や雨具を持参して野外での時間を楽しんでください。

ファミリーやグループでの宿泊には、最大8人まで利用可能の「トレーラーハウス」がおすすめです。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ホワイト・ベアーファミリーのプレスリリース/@Press
https://www.atpress.ne.jp

※グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF
http://www.hotelwbf.com

※株式会社ホワイト・ベアーファミリー
https://www.wbf.co.jp