S・ラモス、レアルで350勝達成…オーバーヘッド弾は「得意な形」

S・ラモス、レアルで350勝達成…オーバーヘッド弾は「得意な形」 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が13日に行われ、レアル・マドリードとアポエルが対戦。前人未到の3連覇に挑むレアル・マドリードが3-0と快勝し、白星スタートを切った。



 レアル・マドリードの3得点目を挙げたのは、キャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだった。オーバーヘッドを決めた同選手は、同クラブでの通算350勝に到達。自らのゴールで記録に花を添えた。レアル・マドリードの公式HPが伝えている。



 レアル・マドリード所属13シーズン目を迎えているS・ラモスは、公式戦528試合目で350勝に到達。通算69ゴールを記録し、17個ものチームタイトル獲得に貢献している。



 節目の記録達成となったアポエル戦についてS・ラモスは「最初、相手のラインを崩すのに少し手こずった。相手は非常によく組織されていたから、相手ゴールへ迫るのに苦しんだんだ。でも攻め続けて先制点を決めることができて、初戦で良い結果を得ることができたね」とコメント。オーバーヘッドでのゴールについては、以下のように語っている。



「後ろから攻撃参加をするのが好きなんだ。予期しないことで、サプライズになる。オーバーヘッドでのゴールだったけど、あれは自分が得意な形の一つだった」



 S・ラモスのレアル・マドリードにおける公式戦勝利、大会の内訳は以下のとおり。



・リーガ・エスパニョーラ…254勝(優勝4回)

・チャンピオンズリーグ…62勝(優勝3回)

・コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)…24勝(優勝2回)

・スーペルコパ・デ・エスパーニャ…4勝(優勝3回)

・FIFAクラブワールドカップ…3勝(優勝2回)

・UEFAスーパーカップ…3勝(優勝3回)