ジョージ王子の学校に不審な女 侵入試みて逮捕

ジョージ王子の学校に不審な女 侵入試みて逮捕

通い出したばかりのトーマス・バタシー校にて、授業を受けていたジョージ王子。まだ初登校からまもない息子をウィリアム王子とキャサリン妃も心配する日々だろうが、そんな夫妻の不安をさらに大きくする出来事がこのほど起きた。


芸能情報サイト『TMZ』などが伝えたところによれば、現地時間12日に40代らしき女が校舎への侵入を試み逮捕されたという。警察によると、女が逮捕された時間にジョージ王子は教室で授業を受けている最中だったとのこと。また校内には4歳から13歳までの生徒、560人がいたという。


また女の逮捕理由は「強盗未遂」。当局は現在、学校のセキュリティ体制の見直しを進めており、今後も必要に応じて強化が必要になりそうだ。しかしこの女の目的は窃盗とみられ、テロのような「殺害目的の行為」ではなかったこと、生徒が死傷するような惨事に至らなかったことは不幸中の幸いであった。今年は英国でテロ事件が何度も起きており、アリアナ・グランデが英マンチェスターで開催したショー直後に起きた自爆テロ事件では、多くの死傷者が出ていた。


画像は『Kensington Palace 2017年9月7日付Instagram「Prince George arrives for his first day of school at Thomas’s Battersea with his father The Duke of Cambridge PA」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)