斉藤由貴のお相手にみる「バブル中年“あるある”」5ケ条。あの告白は凄かった!

斉藤由貴のお相手にみる「バブル中年“あるある”」5ケ条。あの告白は凄かった!


 次々と新展開を見せる、斉藤由貴と50代医師のダブル不倫問題。9月11日には、相手医師(以下Aさん)が、情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)にVTR出演をして不倫を認めました。



 このインタビューを見て、筆者の周囲の30~40代女性からは「こういうバブル中年、いるいる!」との声が噴出したのでした。1980年代~90年代初頭のバブル期を楽しみ、その後もうまくいって、アラフィフでもモテる小金持ち…そんな“バブル中年”にありがちな特徴とは?



(あくまでメディアで見たAさんの姿ですので、悪しからず)



◆1)距離感がおかしいラフな口調やタメグチ




 インタビューは、Aさん自ら、『スッキリ!!』の阿部祐二リポーターに連絡して10日に実現。12日発売の『フラッシュ』に“女物のパンツかぶり写真”が出ることを知っての決断だ、と言われています。



 年上と思われる阿部リポーター(59歳)の質問に、「うん。そう」と答えて始まったこのインタビュー。



その年代の男の子って、ほぼほぼ斉藤由貴さんのファンなんじゃない?



彼女ってあのまんまなの。コソコソやるとかないのね



 など、覚悟の告白とは思えないラフな口調でした。



「飲み会とかで、初対面なのにタメグチの中年チャラ男っていますよね。しかも下の名前で『洋子サンは何飲む?』、そのうち『洋子は?』って呼び捨てになったりする」(40歳・女性・広告)



◆2)「自由恋愛の何が悪い?」というムッシューな思考




 Aさんの告白で一番の“名言”はこれでしょう。



「一連の報道とかで、僕が語るべき、僕が謝るべき対象は、僕の大事な家族だけです!」



「ウチの家内はズタボロですよ。もう街も歩けない。何でこんなことされないといけないんだ? という気もする」



 いや誰がズタボロにしたんや!? とお茶の間は総ツッコミ。ですが、Aさんの中には、「大人同士が自己責任で恋愛しただけ」「メディアが騒ぎ立てたのが悪い」という前提があるのでしょう。フランスのムッシュー式に言えばその通りなのですが…。



「バブル中年と不倫して別れる時に、『だってお互い楽しんだろ?』『既婚と知ってて付き合ったんだろ?』と言われたことがあります。恋愛自己責任論ってんですかね、正論なんでしょうけど、なんかごまかされた気もする…」(36歳・女性・メーカー)



◆3)雑誌『Safari』っぽいファッション




 8月時点からネット上ではAさんだと特定する写真が溢れていて、いまだ誰からもクレームがないということはたぶん当たっているのでしょう。その写真は、クリニックHPの院長紹介写真なのに、Tシャツにパナマ帽みたいなのをかぶってニッコリ。



 また、最初に『週刊文春』が報じた密会で、Aさんは「TシャツのVネックにサングラスをひっかけ」たり、「青いTシャツに七分丈のコットンパンツ」と、いつも無地Tでオシャレ。



「雑誌『Safari』系のファッションですよね。体を鍛えてる中年に多い。前に、50代の元外銀マンと寿司ランチしたら、無地T、素足にモカシン、サングラスを頭に乗せてて、引きました…」(38歳・女性・金融)



◆4)「俺が彼女を育てるぜ」願望




 劣化して自信なさげにやってきた斉藤由貴が、この5年で輝いてきて仕事も増えた、と胸を張るAさん。リポーターに「斉藤さんの演出家になった?」と聞かれると、「そうかもしれません」と答えています。



 銀座のクラブでアルバイトしている33歳の女性によると「そういう“育てたい願望”のおじさま、たくさんいますよ。私が作家志望だと言うと、いろんな有力者を紹介してくれたりお金の援助をしてくれます。ちゃっかり利用させてもらってますけど」



◆5)「俺は悪くない」という底無しの自己肯定感




 斉藤由貴が、「母親としてきっちりやっている」「敬虔なモルモン教信徒」であることに惹かれたというAさん。そこまで言ったら、「その母性と信仰を、結果的に僕がダメにしてしまって…つらいです」などと続くかと思えば、そんな発言は一切ありませんでした(カットされたんですかね?)



 また、「家内はズタボロ」と言いながら、最後に「今でも僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい」。その未練発言が、さらに家内をズタボロにするのでは…?



 別に世間に謝罪する必要はないけれど、後悔・迷い・恥じらいといった複雑な感情がほとんど感じられなかったインタビュー。もし2日後に“パンツかぶり写真”が世に出ると知っていたなら、それでこの自己肯定感はあっぱれです!



「あの医師に限らず、バブル期を楽しんで、そのあともうまくいった人って、底無しに明るいですよね。だからこそ、中年になってもモテて遊んじゃうんでしょうけど…」(33歳・女性・アルバイト)



<TEXT/女子SPA!編集部>