小栗旬、ジーンズのCMに「かっこよく仕上がっていてよかった」

小栗旬、ジーンズのCMに「かっこよく仕上がっていてよかった」

俳優の小栗旬が、都内で開催された衣料品チェーン店「Right-on(ライトオン)」の新テレビCM発表会に出席。CM撮影エピソードの他、自身のジーンズにまつわる思い出を披露した。


ライトオン・オリジナルブランド「BACK NUMBER」のジーンズとデニムのテーラードジャケットに身を包み登場した小栗は「とても着やすい素材なので、おすすめです」とアピール。


また撮影では「映像自体は、CGとの合成なので、撮影時には完成のCMが想像もつかなかった。ルームランナーを使用した撮影は思ったより難しく、なかなかうまくいかなかったが、かっこよく仕上がっていてよかった」と感想を語った。


自分自身のジーンズ選びのポイントについては「自分に似合うジーンズは、とにかく試してみるしかない。ライトオンはお店に入りやすい雰囲気なので、気軽に入れて試せるのもいいですね」と笑顔でコメントした。


小栗が出演する新テレビCM「ジーンズの惑星篇」は、9月16日(土)より全国でオンエア。“ジーンズの惑星”を舞台に、ベーシックジーンズとデニムジャケットに身を包んだ小栗がその魅力を存分にアピールしている。


なお、小栗が主演を務めるドラマスペシャル「BORDER 贖罪」(テレビ朝日系)が、10月22日(日)夜9時から、およそ3年ぶりに放送されることが決定している。