警察も感動! 倒木のそばに立つシスターが、手に握ったモノとは?

警察も感動! 倒木のそばに立つシスターが、手に握ったモノとは?

2017年9月10日、アメリカのフロリダ州に上陸した、ハリケーン『イルマ』は、甚大な被害を残していきました。



約650万世帯が停電し、主要都市マイアミの一部は冠水。そして、強風で多くの木がなぎ倒されました。



少しでも早く元の生活に戻ろうと、人々は自分にできることを精一杯しています。



シスターの手に『電動の刃物』



マイアミ・デイド警察の担当警官が、ハリケーン『イルマ』に傷めつけられた町を歩いていると、1人のシスターが倒木のそばに立っているのに気が付きます。



このシスターは、アーチビショップ・コールマン・キャロル高等学校の校長である、マーガレット・アンさん。



担当警官は、アンさんの手に握られているものを見て、顔がほころんでしまったそうです。



マイアミ・デイド警察のFacebookに投稿された画像が、こちら。



アンさんの手にあったのは…。




Miami-Dade Police Departmentさんの投稿 2017年9月12日



それは、チェーンソーではありませんか!



しかも、刃がこちらに向けられています!



シスターとチェーンソーという不思議な組み合わせですが、よく見ると、足元には木の枝が散らばっています。実は、アンさんは、強風によって倒れた木を切り、道路を復旧しようとしていたのです。



シスター姿のアンさんが、チェーンソーでどんどん枝を切っていく様子を、ぜひ動画でご覧ください。




Miami-Dade Police Departmentさんの投稿 2017年9月12日



アンさんは、倒木を一気に運べるような、パワーのある道具は持っていません。



しかし、切り崩しておけば、誰でも手作業で運ぶことができるでしょう。



アンさんの姿は、「人々を少しでも助けよう」という心からできたものでした。



優しさに満ちたアンさんの行動は、多くの称賛を集めました。





私の娘は、アンさんの学校に通っているの。誇りに思うわ。


隣人を助けようとする精神は、すばらしい。


アンさんは、いつも最善の行いを教えてくれる。





ハリケーン『イルマ』の被害から立ち上がるには、かなりの時間がかかるかもしれません。優先されるところから復旧作業が進められ、人手が足りないこともあります。



そんな中、「たとえ小さな1歩でも、誰でも皆のために動ける」ということを示したアンさんは、大勢の人の心を鼓舞したことでしょう。




[文・構成/grape編集部]