今では信じられない!昭和の常識ランキング

今では信じられない!昭和の常識ランキング平成も来年で30年を迎えるわけですが、その1つ前である「昭和」はもうかなり昔の話になってしまいますね。

およそ30年の間に様々な技術や文化が進化していったワケですが、「常識」もその1つかと思います。


そこで今回は「信じられない昭和の常識」をアンケート、ランキングにしてみました。

今では信じられない「昭和の常識」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?



1位 電車内でタバコが吸えた

2位 1ドルは360円

3位 電車のトイレは線路上に垂れ流し


1位は「電車内でタバコが吸えた」!




今やったら確実に列車から降ろされそうな、「電車内でタバコが吸えた」が堂々の1位に輝きました。

現在は新幹線などで「喫煙所」が用意されている場合がありますが、この「電車内でタバコが吸えた」というのは一般座席で普通に吸えた、という事。

座席に灰皿が標準装備されている列車があり、当時は乗車中いつでも気軽にタバコが吸えていたそうです。



2位は「1ドルは360円」!




昭和24年~46年の特殊な固定相場だった、「1ドルは360円」が2位を獲得しました。

第二次世界大戦後半に締結された「ブレトン・ウッズ協定」により、円相場は今では考えられない「1ドル360円」で22年もの間固定されていたそうです。



3位は「電車のトイレは線路上に垂れ流し」!




明治から2002年3月まで存在していた、「電車のトイレは線路上に垂れ流し」が3位にランク・インしました。

明治時代から昭和27年頃まで列車内トイレは「線路上に垂れ流し」が基本で、様々な問題や指摘から現在でも利用されている「貯留式」に順次切り替わっていったそうです。



いかがでしたか?

1位の電車でタバコもなかなかインパクトがありますが、4位の「飛行機でタバコが吸えた」には生命の危機すら感じました。



今回は「今では信じられない!昭和の常識ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜49位のランキング結果もぜひご覧ください!



調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年8月24日~2017年8月30日